シンプルで低価格、話題のブランド
ECサイトでのみ販売されていた、資生堂のスキンケア&ボディケアブランド「recipist(レシピスト)」が、3月8日(木)より期間限定で店舗販売される。

「recipist」は1980年代から2000年代頭頃に生まれた、いわゆる「ミレニアル世代」をターゲットにしたブランド。無駄をそぎ落としたすっきりしたデザインと、資生堂の化粧品が税込み590円(資生堂ブランドサイト販売価格)などというコストパフォーマンスが注目を集めている。

これまではスマートフォンをメインに使ってマーケティングを行い、ECサイトでのみ発売をしてきたが、この春、多くの人々と「レシピスト」との出会いを促すために、一部の蔦屋書店とニトリ店舗にて販売を行うこととなった。

春のスタート、新しいコスメと共に
蔦屋書店では3月8日(木)~4月4日(水)の期間、梅田店と中目黒店にて販売。書籍や雑貨と共に展開することで、幅広いライフスタイルやギフトの提案を行うという。

ニトリ店舗では、ミレニアル世代が迎える入学や就職といった大きなライフイベントや、それに伴う引っ越しのタイミングと合わせ、身の回りのアイテムを買いそろえるように「レシピスト」を手に取ってほしいとの想いを込めた。

ニトリでの販売期間は5月20日(日)まで。渋谷公園通り店、新宿タカシマヤタイムズスクエア店、東武池袋店での取り扱いとなる。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース
http://www.shiseidogroup.jp/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「資生堂「レシピスト」、一部のニトリ&蔦屋にて店舗販売が決定