ニオイに厳しい女性のための洗浄剤
ロート製薬株式会社は3月14日(水)、年齢と共に変化する大人女性のニオイケアをしてくれるボディ用洗浄剤『デオコ 薬用ボディクレンズ』を発売する。

汚れを落とすだけではなく、年齢と共に変化する大人女性のニオイをケアすることを目指したボディ用の洗浄剤。

20~60代の女性を対象にした同社の調査によれば、「年齢とともに体臭が変わってきた気がする」「におっていないか不安」という悩みを8割の女性が抱えていた。

半数の女性はそのニオイの原因として「加齢」を挙げており、年齢を重ねるごとに「自身のニオイをケアしたい」と考えるようになることがわかった。

ニオイがもたらす悪いイメージ
まだ加齢については意識の薄い若い世代からも、「清潔感や身だしなみのエチケットとしてニオイをケアしたい」という意見は根強く、「ニオイによって老けてみられる」と考える人もいた。

女性にとってニオイとは、見た目の印象すら左右するポイントだというのだ。

毛穴の奥のニオイまで撃退
『デオコ 薬用ボディクレンズ』は、ニオイの原因菌を殺菌し、体臭・汗臭の発生を防ぐ殺菌成分イソプロピルメチルフェノールを配合。

さらに白泥(吸着剤)が、普通のボディソープでは取りきれないような毛穴の奥に潜むニオイの元も吸着する。

ビタミンC誘導体(うるおい成分)も配合されているので、洗うたび肌のくすみを落として、透明感のある肌へと導いてくれる。

ピーチやココナッツのように甘い「スウィートフローラル」の香りは、若い女性特有のニオイ「ラクトン」を用いた特別な香り。洗うたびに若々しい気持ちになれるだろう。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース
http://www.rohto.co.jp/news/release/2018/0221_01/


情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「オトナの清潔感はニオイケアから始まる『デオコ 薬用ボディクレンズ』新発売