運動せずに痩せる。それは、運動嫌いな女子の永遠のテーマかもしれません。

ジムやヨガスタジオに通うことなく、痩せることってできるのでしょうか? 心がけ次第では、それも可能なんです!

日常生活のなかでスリムダウンを図るコツを、専門家の意見を交えながらお伝えします。

 
睡眠を十分にとる


毎日、睡眠時間をしっかり確保していますか? 眠りが足りなかったり、熟睡できなかったりすると、太りやすくなることが研究でも明らかになっています。

また、眠り過ぎも体重増加の原因に! これは、ホルモンバランスの崩れによるものだそうです。

「睡眠不足の翌日は、体が糖分や脂質たっぷりのものを欲する傾向にある」(医師談)というのも、太りやすくなる原因のひとつ。人によって最適な睡眠時間は異なるものの、成人の理想は7〜8時間と言われています。みなさんはいかがでしょう?

 
便秘しない食生活を心がける


あえて朝食を抜いたり、1日2食しかとらない……というのは逆効果。1食抜くと体が栄養たくわえモードに切り替わり、脂質などの栄養分を体にため込みやすくなるのだそうです。また、次の食事の際に、脂質や糖分が欲しくなるという欠点も。

欠食は、腸内環境に影響しかねません。腸内に悪玉コレステロールが増えると、睡眠ホルモン「セロトニン」の分泌量が減少するという悪循環に。女性であれば誰もがご存知のように、便秘はダイエットの天敵です。

腸内環境をよくするには、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品や、食物繊維たっぷりの野菜やフルーツなどを積極的にとること。また、ストレスを感じにくい生活を送ることも大切です。

 
積極的に歩く!


運動が嫌いな人でも、歩くだけなら、それほど苦にならないのでは?

まずは1日60分ほど歩くのを日課にしてみましょう。デスクワークの人にとって60分は長い気もしますが、就業時間中の1〜2時間ごとに5分歩くだけでも約30分。通勤時の20〜30分と合わせれば、60分の目標はすぐに達成できるはず。

医師によれば「早歩きすると、よりカロリーを消費しやすくなるので効果的」だそうですよ。

歩くだけで痩せるわけない……と思っているそこのアナタ! これが意外とスゴイんです。私自身や友人の体験談をご紹介しましょう。

夏場は暑くてなかなか眠りにつけないこともあり、この3週間ほど、毎日夕食後に45分ほど歩くのを日課にしてみました。すると、熟睡できるようになっただけでなく、冬の間に増えてしまった2kgが落ちたんです!

「駅から歩いて15分ぐらいのところに住んでいたとき、太ももが細くなった経験がある」「半年間、夕食後の1時間ウォーキングを日課にしたら10kg痩せた」という友人たちの証言も。

 

どれも痩せるという目的だけでなく、健やかな毎日を送る上で大切なことばかり。運動せずに痩せる方法。それは、健康的なライフスタイルを心がけることがポイントのようですね。

 

参考:madame、webMD

情報提供元:ANGIE
記事名:「たったそれだけ!? プロに聞いた運動せずに痩せる3つの生活習慣とは?