7b89ce85e1f82947

節約上手な人には、その人なりの節約ルールがあるはず。そんなルールを教えてもらい、自分の節約にいかしてみましょう。今回はInstagramで日々の節約や暮らしの工夫を投稿しているtko_mamaさんのルールを紹介します。

節約・貯金などのお金に関するトピックスや、家のインテリアなどの暮らしについてInstagramで発信しているtko_mamaと申します。4歳と0歳の娘の育児をしながら、節約できる部分を探して実践しています。

そんな我が家の節約ルールを紹介します。

本当に欲しい物しか買わない

C651e840ceba028d

本当に必要な物だけしか買わない生活をすると、「いつもなんとなく買っていた」分の出費が減り、自分が何が好きなのか判断できるようになるというメリットも。

例えばスーパーでの買い物。ついつい安売りになっている商品や子どもが欲しいと言った物、夫が勝手にカゴに入れてくる物など、余計な買い物をして出費がかさんでいる人も多いのではないでしょうか。

お店に行って無駄な買い物をしてしまうなら、「本当に必要な物しか買わない」と決めてネットスーパーを使うのも手です。

「本当に必要な物」だけ買うことを意識すれば、買い物の方法も工夫でき、無駄な出費をしない生活になりました。

必要以上に持たない

0f185a1769e7cebe

必要な物だけしか持たない生活を意識しています。この生活をおくっていることで、朝の服選びもグッと時短になりました。

ぎゅうぎゅうに押し込まれたクローゼットからあれでもない、これでもないと着るものを悩んでは、また新しい服を買う。これじゃあお金は貯まりません。

 私は基本的に、

  • トップス2~3着(夏はTシャツ2枚 冬はロンTとニットとフード付きスウェット)
  • パンツ2着(スキニーパンツ、ワイドパンツ)
  • ワンピース1着
  • アウター3着(カーディガン、パーカー、コート)
  • 靴4足(パンプス1足、スニーカー1足、サンダル1足、ブーツ1足)

で1年過ごしています。衣服の枚数は少ないものの、お気に入りの衣服だけに厳選するとお気に入りを着ている幸せも感じられるし、衣服を選ぶ手間もかかりません。

物欲が出てきたら「買わないメリット」を考える

「不必要な物は買わない」と決めても、物欲が出てくる時もありますよね。そもそも物欲が出ない状況作りが大切なので、我が家は滅多なことがない限りショッピングモールなどの買い物スポットに行きません。

行ったら「欲しい」という気持ちが出てくるのは当然。誕生日などの記念日や特別な時などに行くようにしています。

また、もし物欲が出てきたら「物を買わないメリット」を考えて物欲をおさえています。

例えば、「使わないとお金が貯まる」と考えたり、「もし今買わなかったら、海外旅行へビジネスクラスで行けるのでは?」などなど。どうして欲しいのか?使用する場所・場面は?と考えてみたり、スッキリと暮らすために「1枚買ったら1枚処分する」ことを心がけ、何を処分するか考えたり。

そんな生活を続けているうちに、自分に必要な物・良い物が判断できるようになりました。

何より、今ある物を大切にしようと思う気持ちが生まれるので、子ども達のお手本としても良いのではと思います。

本当に自分の気持ちを満たしてくれる物を買うことは、良いことだと思います。でも、物欲がありすぎて物にあふれている家に悩んでいるなら、「物を買わない」メリットを考えることで、節約につながるのではないでしょうか。

物が少ないと引っ越し代も安くなるし、いろいろとお得なことがありますよ。

自分の心をときめかせてくれる、本当に必要な物に囲まれてスッキリと暮らすのって、意外といいものですよ。参考になれば幸いです。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「節約上手さんの「節約マイルール」--第7回 必要な物だけでスッキリと暮らす