000c079c4b4ff71c

空前のサバ缶ブーム。店舗によっては品薄になっているところもあるといいます。今回は、手軽に使えるサバ缶を使ったメイン料理と、メインにぴったりな副菜1品を紹介します。献立は全て1人分200円以下。献立が決まらないという悩みをサバ缶で解決しましょう!

※調理費用は筆者の材料購入価格を参考に算出。また、基本的な調味料と米は費用に含めません。

レシピ1: 「サバ缶でコク旨麻婆豆腐」(2人分 330円)

294ef9f59b826a1b

サバ缶を使うことで脂っこくなく、旨みの効いた麻婆豆腐に仕上がります。あまり辛くない味付けなので、辛さが欲しい人はコチュジャンの量を調整してください。さらに辛い方が良い場合は、長ネギを炒めるタイミングで豆板醤を一緒に炒めると、香りがよく辛さも増します。副菜にはレンジですぐできてとろとろに仕上がる、なすのしょうが醤油だれを合せました。2人分、330円で完成する簡単節約レシピです。

材料(2人分)

木綿豆腐 1丁(400g) / 長ネギ 1/2本 / ごま油 大さじ1 / サバ水煮缶 1缶(190g) / ラー油 適量 / 粉山椒 適量 / 小ネギ(小口切り) 少量

A(しょうがすりおろし 小さじ1 / にんにくすりおろし 小さじ1 / コチュジャン 小さじ1 / 甜麺醤 小さじ2 / 砂糖 大さじ1 / 醤油 大さじ2 / 鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ1 / 片栗粉 大さじ1 / 水 250cc)

※コチュジャン、甜麺醤はメーカーにより目安分量が異なります。

作り方

1. 木綿豆腐は大きめの一口大にカットする。長ネギはみじん切りにする。Aは合わせておく。

2. フライパンにごま油を入れて中火で熱し、長ネギを炒める。香りがたったら、サバ缶を煮汁ごと入れてほぐす。

Cad7aee9786abc4f

3. 2に木綿豆腐とAを入れ、ひと煮立ちしてとろみが付くまで煮込む。器に盛り、お好みでラー油と粉山椒をふり、小口切りにした小ネギを散らす。

B7215c66b0d8bd98

副菜: 「なすのしょうが醤油だれ」

Bd39e9597be7946f

材料(2人分)

なす 2本 / サラダ油 大さじ1 / かつお節 適量

A(しょうがすりおろし 小さじ1 / 醤油 大さじ1 / みりん 大さじ1)

作り方

1. なすはヘタを取り、縦半分に切る。なすにサラダ油を塗って、耐熱皿に並べてふんわりとラップをかぶせたら、電子レンジ(600W)で2分加熱する。

2. 1をいったん取り出し、事前に混ぜ合わせたAを回しかけ、再びラップをかぶせて電子レンジ(600W)で2分30秒ほど加熱する。器に汁ごと盛り、かつお節をかける。

レシピ2: 「サバ缶で簡単! サバ味噌コロッケ」(2人分 370円)

8ba6e46bf9d353cc

じゃがいもと玉ねぎはレンジ加熱、そこにサバ缶を加えるだけの簡単コロッケレシピです。味噌煮缶を使用するので、胡椒を加えるだけで簡単に味が決まります。魚が苦手な子どもも、コロッケなら喜んで食べてもらえるはず。副菜には、揚げ物とぴったりな「トマトのさっぱり漬け」を合わせました。ボリューム満点なコロッケ献立が一人分185円で完成!

材料(2人分)

じゃがいも 3個(300g) / 玉ねぎ 1/4個 / キャベツ 100g / サバ味噌煮缶 1缶(190g) / 胡椒 少々 / 薄力粉 適量 / 溶きたまご 1個分 / パン粉 適量 / 揚げ油 適量 / ソース 適量

作り方

1. じゃがいもは皮をむき、一口大にカットして10分ほど水にさらす。玉ねぎはみじん切りに、キャベツは千切りにする。

2. じゃがいもの水を捨て、耐熱容器に入れたらふんわりラップをかけ、電子レンジ(600W)で5分加熱する。いったん取り出して玉ねぎも加えて再びラップをかけ電子レンジ(600W)で2分加熱。熱いうちにマッシャーでつぶす。

3c962ce4ead6d2af

3. 2にサバ味噌煮缶を煮汁ごと加えて混ぜ合わせ、胡椒を振る。

37d26161f7c7cd3f

4. 3を4等分にして俵型に成形したら、薄力粉→溶きたまご→パン粉の順に衣をつける。

A86b320db503f1c5

5. 4を170度の揚げ油できつね色に揚げる。器に盛り、キャベツを添え、お好みでソースをかける。

Eb196cd583c68f73

副菜: 「すし酢で旨みアップ! トマトのさっぱり和え」

1e1b4ab1049832aa

材料(2人分)

トマト 1個 / 白いりごま 適量

A(麺つゆ(2倍濃縮) 大さじ1 / すし酢 大さじ1 / ごま油 大さじ1)

作り方

1. トマトはヘタを取り、一口大に切る。

2. ボウルで1とAを混ぜ合わせ、白いりごまをふる。

レシピ3: 「サバ缶としめじのたまごとじ」(2人分 240円)

De815856c47a3096

味付きのサバ缶を使用することで味付けはほぼ不要。味の濃さを調整して、たまごでとじるだけの簡単レシピです。ごはんの上にのせてもおいしいですよ。メインは柔らかい食感なので、副菜にはパリパリ食感のきゅうりを付けました。ごはんが進む組み合わせは2人で240円。コスパばっちりな節約献立です。

材料(2人分)

しめじ 1房 / サバ缶味付き(醤油味) 1缶(190g) / 溶きたまご 2個分 / 小ネギ 少量 / サラダ油 大さじ1

A(酒 大さじ2 / みりん 大さじ2 / しょうがすりおろし 小さじ1 / 水 30cc)

作り方

1. しめじは石づきを取り除き食べやすい大きさに分け、フライパンにサラダ油を入れて熱し、中火で炒める。しんなりしたらサバ缶を煮汁ごと加え、食べやすい大きさにほぐす。

624635831f5cddf7

2. 1にAを加え、ひと煮立ちしたら溶きたまごを回し入れ、ふたをして弱中火で1分30秒~2分ほど加熱する。器に盛り、刻んだ小ネギを散らす。

8e2f8dac35e49655

副菜: 「叩ききゅうりの塩昆布ぽん酢」

3ec49991593666ae

材料(2人分)

きゅうり 2本 / 塩昆布 10g / ポン酢 大さじ1

作り方

1. きゅうりはヘタを切り落とし、保存袋に入れたら麺棒で軽く叩いて食べやすい大きさにする。

2. 塩昆布とポン酢を加えてよく揉みこみ、10分ほど置く。

サバ缶を使えばあっという間にメイン料理が完成します。おすすめの副菜と一緒に節約献立を作ってみてくださいね。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「主菜&副菜が1人分200円以下で完成! サバ缶がメインの節約献立3選