47b3897cb779650a

株式会社鼓月は10月1日から、限定300本の完全予約商品「極上丹波本栗羊羹」の受注を開始しました。

鼓月が毎年予約販売している「極上丹波本栗羊羹」は、丹波産の新栗と、その味わいを最大限にいかす小豆を使用。すべての工程が手作業で無添加無着色。そういった素材や製法へのこだわりから、作れる数は300本に限られています。

丹波産の新栗は、他品種の栗に比べて群を抜く大きさとツヤがあり、とても甘いところが特徴です。本商品では、木から落ちる寸前まで完熟させて収穫し、わずかな欠けもないパーフェクトな丸栗のみを使用するというこだわりぶりです。

Cbf72f883cb56601
丹波産の新栗 画像提供: 株式会社鼓月

また、羊羹の材料である小豆は、色・風味ともに優れた「日本一の小豆」としても知られる同じく丹波産のものを使用。ふくよかな香りと艶のある紫がかった彩りで、栗の味わいをいっそう引き出します。

製法においては、栗の糖度を上げる回数は通常は1回のところ、この極上丹波本栗羊羹は2段階に分けて糖度を上げています。それにより、栗本来の食感を存分に楽しめるようになるのだとか。

日持ちするため、贈答用としても毎年人気がある本商品。箱の素材は最高級の杉として知られる秋田杉の柾目部分(木目が直線になった貴重な部分)を使用しています。こだわりがたっぷり詰まった、まさに極上の羊羹です。価格は1本7,000円(税抜)。限定数の300本は毎年完売しているそうです。百貨店や直営店など、全国67店舗の鼓月で予約可能です。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「300本しか作れない"極上"栗羊羹が予約受付中ーー採れたての丹波産新栗を使用