6c71d037342e8dc1

家にストックしておくと、毎日の料理でとっても活躍してくれる缶詰。その中でも、子どもも大人も食べやすいツナ缶は、サラダや炒め物など、もはや食事作りに欠かせない存在とも言えます。そんなツナ缶ですが、静岡県には「1度食べると他のツナ缶が食べられなくなるというほど、大人気のツナ缶がある」という噂を聞きつけ、取材しました。

※商品の価格は全て税抜です。

由比缶詰所「特撰まぐろ油漬」とは

9cc6af60b40a23b0

静岡県静岡市清水区の港町にある株式会社由比缶詰所。ここで生産されている「特撰まぐろ油漬」は、静岡県民はもちろん県外からも大人気のツナ缶です。

由比缶詰所は昭和8年創業。創業当時は、果物のジャム製造や鰹節の半加工を行っていた企業でした。昭和12年、国内でのツナ缶詰製法確立により、輸出産業としてツナ缶詰製造に参入。太平洋戦争時は、事業が国の統制下に置かれたものの、戦後である昭和23年の統制解除を機に、改めて株式会社由比缶詰所を設立しました。

D4585cc83170b5d7

その後、国内向けのツナ缶製造を事業の主力に変更。一時は自社ブランドではなく大手メーカーの商品が製造の中心となるも、昭和50年に「自分たちが胸を張れる製品を作りたい」と社員が声を発したことから、かつて製造していた自社ブランド「ホワイトシップ印」を復刻することにしました。

このブランドから誕生したのが、いまや大人気の「特撰まぐろ綿実油漬ファンシー」と「特撰まぐろ綿実油漬フレーク」です。由比製作所のツナ缶を食べたお客さんの中には、「このツナ缶を食べると他のツナ缶が食べられなくなる」という人もいるほど。特に子どもや年配層に熱烈なファンが多いといいます。また、新規のお客さんの多くが「友人や親戚などに贈答やお土産としてもらって食べたらおいしかったので」と言って買われるそう。「以前、テレビの取材で来られたとある有名芸人さんが、後日、プライベートで買いに来てくださった事もあります」(由比缶詰所 担当者)。

ちなみに、「ツナ缶」ではなく「まぐろ油漬」というネーミングなのは、販売開始当時はこの名前の方が一般的だったためだそう。歴史と伝統を感じますね。

製造のこだわり

C719f92f492adc71

社員の「自分たちが一番食べたい缶詰を作りたい」という思いから作られているツナ缶には、素材にも製造にもこだわりがたくさん詰まっています。

原料は質にこだわり、鮮度の良い「夏びん長まぐろ」を使用。白っぽい肉質であることから「ホワイトミート」と呼ばれるこの品種は、缶詰の原料としては最高級品質だといいます。柔らかい食感が特徴で、口に含んだ瞬間その柔らかさに驚くこと間違いなし。

また、油も良質なものを使用。まぐろの肉となじみの良い綿実油とオリーブ油に限定して採用しています。通常のツナ缶は油をきってから食べるのが一般的ですが、由比缶詰所のツナ缶は油も一緒に食べるのがおすすめ。意外にも油っぽさは全く気にならず、まろやかな味わいが楽しめます。油臭くなく、缶詰を開けた瞬間、ふわりとさわやかな香りがするのも特徴的。

製造工程においても、手作業でまぐろの皮や骨、血合い肉を取り除いているそうです。個体差があるため機械化ができないというこの工程は、よりおいしいツナ缶を作るために無くてはならないのだといいます。また製造後半年以上かけて熟成をさせ、これによる味わいの深さも特徴です。

「特撰まぐろ油漬」商品ラインナップ

「特撰まぐろ綿実油漬ファンシー」

A83fa7c40c42d239

綿の実から絞った綿実油(めんじつゆ)に、まぐろを漬けて熟成させた一品。「ファンシー」とは魚肉をほぐさず、固まりのまま缶詰に詰めたものを意味します。ごろっとした魚肉の食感がそのまま楽しめます。価格は大型缶270円(内容量200g)、小型缶160円(90g)。

69c523f414a473a6

「特撰まぐろ綿実油漬フレーク」

5d07005447ba97f4

こちらは綿実油に漬けたツナをほぐして缶詰に詰めた品。身がほぐれているため食べやすく、子どもにもおすすめです。価格は大型缶250円(内容量185g)、小型缶150円(90g)。

A36753712d7929ff

「特撰まぐろオリーブ油漬ファンシー」

07121aabb4e19872

オリーブから採れる100%ピュアオイルを使用した品。オリーブの風味がほのかにつくことで、綿実油とはまた違うコクのある風味豊かな味わいに。価格は大型缶350円(内容量175g)、小型缶240円(90g)。

635dce57a8bb5f9f

「特撰まぐろオリーブ油漬フレーク」

7ea11f2ceb651aa7

こちらもまぐろをオリーブ油に漬けて作られ、身をほぐして缶詰に。ちなみに、綿実油とオリーブ油の両製品は、油以外の原料はほぼ同じのため、風味の違いが一番のポイントです。価格は大型缶320円(内容量165g)、小型缶220円(90g)。

D98fd31c8c746cf0

おすすめの食べ方

A16ecde9f46ae45f

通常のツナ缶のようにいろいろな料理に使用してOKですが、一番のおすすめは「炊き立ての白ごはんに、油をきらずにそのままのせて食べる」というもの。最も身の色や香りが楽しめるというシンプルな内容ですが、より香りを楽しむために、食べる直前にツナ缶を開けるのがミソです。

どこで買えるの?

大人気のツナ缶、販売している場所にもこだわりが。できるだけお客さんと近い関係で販売したいという思いから、店頭販売は本社併設の直売所のみに限定。この缶詰を求めて、遠くから車を走らせて直売所まで買いに来るお客さんもいるそうですよ。でも、「静岡は遠くて……」という人もご安心を。公式WEBショップでの販売も行っています。ギフトセットも販売しているのでプレゼントにもおすすめです。

缶詰を開けた瞬間から違いがわかる由比缶詰所のツナ缶。その香りや風味は、夢中になってしまう人が続出するというのも納得の一品です。直売所には、このほかにも由比缶詰所の商品が並び、直売所限定のものも置いています。ぜひ静岡県に行った際は直売所を訪ねてみてはいかがでしょうか。

アクセス

由比缶詰所(直売所): 静岡県静岡市清水区由比429-1

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「静岡に地元民が愛してやまないツナ缶が--「他のツナ缶が食べられなくなる」