個性的なギョウザ専門店が次々と登場している。難点といえば、あんを皮で包むという変化に乏しい形状のため、SNSブームに乗りづらかった点だろう。そうした課題をフランス料理のエッセンスを取り入れてブレイクスルーし、女性客の支持を集めているのが東京・中野の「餃子バル ぴこれ」で提供する「泡とエビの水餃子」だ。

全文を読む

情報提供元:たべぷろ
記事名:「泡の中から水ギョウザ!フランス料理から着想