東京・新橋のそばの名店「能登治」で酒のアテとして大人気なのが「かえしで焼いた蕎麦屋の焼き鳥」。焼き鳥を串に刺さずに皿に盛り、練りがらしを添えているのが特徴的だ。 「焼き鳥は串に刺す手間が大きい。うちは焼き鳥店じゃないからね」と、七尾信昭店主。単に手間を省けるメリットだけでなく、箸で上品につまめるのはうれしい。“粋なそば屋で一杯”のお供としては、箸で少しずつ楽しむこちらの焼き鳥の方がむしろ、しっくりくる。

全文を読む

情報提供元:たべぷろ
記事名:「そば名店の粋な焼き鳥!串から外し…