業務スーパーで販売されている『炭火焼うなぎ蒲焼 有頭』をご存知でしょうか。

頭を切り落としていない、一尾まるごとの冷凍うなぎ蒲焼きです。お値段は1,166円(税込)。原産国は中国ながら、クオリティは上々で、炭火焼きの香ばしさが際立った味わい。業スー冷食の中でも屈指のご褒美おかずかと思います。

ミホウジャパン|炭火焼うなぎ蒲焼 有頭|1,166円

業務スーパーの冷凍食品コーナーでは、1,166円(税込、税抜1080円)で販売中です。内容量は未記載。参考までに編集部で実測したところ、パッケージ込みで約295gの重さでした。100g当たり約395円の計算になります。100g単価で見れば、同じく業スーでよく見かける『本蒲焼うなぎ 無頭』(約239g・1,077円)よりもお手頃ですね(そちらは100g当たり約451円)。

ただ、本品は小骨が多くて食べづらい頭の部分を含みますし、どちらの商品もうなぎのサイズとたれの量に個体差があるので、コストパフォーマンスは単純比較しづらい感じ。僅差で本品のほうが優秀な傾向かも、といったところでしょうか。ちなみに原産国は中国。販売者は冷凍食品メーカー・ミホウジャパン、輸入者はそのグループ会社であるエムアイティージャパンになります。

調理方法は鍋にお湯を沸騰させ、袋のまま本品を約5分湯せんするだけ。うなぎは頭から尾まで約32cmの大きさがあるので、ちょい大きめの鍋が欲しいところ。面倒でしたら、冷蔵庫で自然解凍してから耐熱容器に移し、ラップをかけて温めてもOKです。たれは十分な量が絡んでいますが、山椒は付属していないので、別途用意しておくのがおすすめ。

皮目はしっかり焼かれており、ほのかにパリッとした歯ざわり。身はふんわりと柔らかく、口の中でほどけるような食感。脂の乗りはちょい強めで、蒲焼きならではのトロトロフワフワ感はバッチリですね。小骨は気にならない程度。たれはけっこうコクがあり、専門店に比べると、ややチープな味付けでしょうか。それでも、炭火焼きの香りと旨味の濃さにはインパクトがあり、ご家庭で食べる分には文句ナシのご褒美クオリティですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 頭まで丸ごと炭火で焼かれた、冷凍の中国産うなぎ蒲焼き
  • こってりした脂の乗りと、炭火焼きの香ばしさが際立った、全体的にパンチの強い派手な味わい
  • 専門店に比べれば大味な印象だけど、値段を考えればかなり優秀なクオリティ
  • 濃厚な味わいが好みなら本品、落ち着いた味わいが好みなら『本蒲焼うなぎ 無頭』(約239g・1,077円)がおすすめ

情報提供元:ミトク
記事名:「業務スーパーにある『炭火焼うなぎ蒲焼 有頭』は買ってOK? 味や量をチェックしてみた