井村屋の定番アイス「あずきバー」をレンジで溶かして美味しいぜんざいを作る――。過去に井村屋の公式Twitterで紹介され、話題となったアレンジがあります。たびたび盛り上がるネタなので、ご存知の方も多いでしょう。

で、試したことはあるでしょうか。「アイス溶かしただけで美味しいの?」と疑いがちですが、想像以上に美味しいのでおすすめ。寒さがぶり返してくるような日は食べたくなったりするんですよね〜。

あずきバーを溶かすだけ(お好みで雪見だいふくも)

用意するものは井村屋の「あずきバー」だけ。お好みでロッテの「雪見だいふく」も用意すると、白玉ぜんざい風にもアレンジできますよ(こちらはテレビ番組などでも紹介された鉄板の組み合わせ)。

まずは容器にあずきバーをお好みの本数だけ投入します。棒が付いていると後で取り出すのが面倒なので、あらかじめ抜いておくのがベターなのですが、冷凍庫から取り出したばかりだと硬くて抜けない場合が多いかと思います。

ということで、最初に500Wのレンジで30秒ほど軽くチンしましょう。これで棒がするっと抜けますので、この状態で同じく500Wのレンジで2分30秒ほどチンします。吹きこぼれが気になる場合は、念のためラップをかけておきましょう。

溶けたあずきバーは程よいとろみがあり、口当たりは完全にぜんざいのそれ。ちょっと甘みは強めですが、あずきの和な香りが意外なほどに上品なんです。アイスを溶かしただけとは思えないバランスの良い味わいで、即用意できるアツアツおやつとして覚えておくとはかどりますよ!

情報提供元:ミトク
記事名:「あずきバーと雪見だいふくで作るレンチンぜんざいはたまに食べたくなる