突然ですが、立飲み屋に行ったことはありますか?
立飲みの魅力は、気軽に立ち寄れて、お手頃価格でお酒が飲めて、提供も早くて、お酒がおいしいこと。ひとりでサクッと飲むのもよし、お客さんやスタッフとの会話を楽しむのもよし、いろいろな楽しみ方ができますよね。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO
立飲みスタイルでクラフトビールを楽しむことができるお店が「渋谷PARCO」にできたと聞きつけ、さっそく行ってきました。そのお店は「立飲みビールボーイ 渋谷PARCO店」。女性一人でも気軽に立ち寄れて、立ち飲みならではの魅力にあふれる場所でした。



「渋谷PARCO」の地下1階で11時から飲める


「立飲みビールボーイ 渋谷PARCO店」は、東京都内8店舗・大阪府内2店舗でクラフトビールをお手頃な価格で提供する「クラフトビアマーケット」や、クラフトビールとシャリキンを提供する「居酒屋ビールボーイ吉祥寺店」の別業態のお店。立飲みスタイルは、中目黒店に続く2店舗目です。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO
「渋谷PARCO」地下1階の西口上りエスカレーター前にお店があります。帽子をかぶった男の子「ビールボーイ君2号」の看板が目印。店内は明るく清潔感があり、ひらけた空間で女性ひとりでも入りやすい雰囲気です。

店内は全席スタンディングです。ビールケースを重ねたテーブル、その上にはクラフトビールの空き缶で作ったお箸立て。手作り感満載で、身近な感じがして居心地がいいです。足元には荷物入れがあり、荷物が汚れる心配はありません。


お店は11時に開店します。思い立ったときに午前中から飲めるのは嬉しいですね。

11時から16時までは『冷やしトマト』などのちょい飲みメニューが提供され、16時以降はフードメニューが切り替わり、本日のおすすめメニューが登場します。ランチでは、「坦々キーマカレー」、「炙りチャーシュー丼」、「沖縄そば」の3種類のメニューが500円(税込み)とかなりお得。飲み物メニューは変わらないので、いつ行っても気軽にビールを飲むことができます。

10種類のクラフトビールは“とんがったラインナップ”


樽生クラフトビールは樽替わりで10種類。提供サイズはハーフパイント(250ml、480円、税込み)、パイント(473ml、780円、税込み)の2種類が基本。一部、提供サイズ、および価格が異なる銘柄があります。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCOサワー系(すっぱいビール)が好きな平岡店長
クラフトビールは平岡店長がセレクトし、ラインナップは特定のビアスタイルに偏らないよう、バランスよく組んでいるとのこと。常設で『ハートランド』と系列のCRAFTROCK BREWINGのビールが提供され、新商品やレアなビールも多く揃います

注文する前に味見ができるので、どれを飲もうか迷っている方はぜひスタッフに声をかけてみてくださいね。
今回は、平岡店長に本日のおすすめを教えてもらいました(※取材日:2020年1月中旬)。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO左から、「Mole Merkin」「トランプの悪夢」「Beacon Saison」

Beacon Saison(ハーフパイント、600円、税込み)』
系列の「CRAFTROCK BREWING」が醸造したオリジナルビール。セゾンスタイルで飲みやすく、一杯目におすすめとのこと。
レモンやオレンジのようなフレッシュな香り。飲んでみると、炭酸が細かく、少し酸味があり、麦の味わいと程よい苦みがあります。後口はドライで、すっきりとした味わい。

トランプの悪夢(ハーフパイント、480円、税込み)』
栃木の「うしとらブルワリー」がつくる、ネーミングがユニークなIPA。ドライホッピングでホップの「シトラ」をどっさり使用し、柑橘香がバッチリ!とのこと。
グレープフルーツのような香りが強く、青々とした芝生のような香りもします。なめらかな口当たりで、ガツンと苦みが効いていますが、後をひかないので、するする飲めちゃいます。

Mole Merkin(100ml、480円、税込み)』
カルフォルニアのブルワリー「Firestone Walker Brewing」のバレルエイジドミルクスタウト。アルコール度数が7.8%あり、個性的でありながら飲みやすい一杯とのこと。
カカオニブの甘い香りに、ほのかにシナモンが香ります。飲んでみると、口当たりはまろやか。甘すぎず、すっきりとした味わい。唐辛子を使っているそうで、後からじんわりと辛さを感じるのがおもしろいです。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO
もう一つの名物は『シャリキン』。「シャリキン」とは、シャリシャリに凍らせたキンミヤ焼酎のこと。こちらのお店では、季節のフルーツや国産レモンなどをキンミヤ焼酎に漬け込んでいるのだそう。おすすめはこのお店でしか飲むことができない『シャリキン パルコ(青りんご)(480円、税込み)』。パルコのロゴの色に合わせた水色、りんごのコンポート入りでおしゃれ。少しすっぱくて、サイダーのように爽やかな甘さは、どこか懐かしさを感じさせるおいしさです。

選ぶのが楽しい和洋折衷の料理

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO
壁一面にずらりと貼られたメニューは豊富で、30~40種類もあるそうです。どれを注文しようか迷ってしまいますね。


悩んだ結果、自分では決めきれず、店長におすすめ料理を教えてもらいました。
冷やしトマト(380円、税込み)』
安定の居酒屋メニュー。マヨネーズ添え。

坦々キーマカレー(ライス)(680円、税込み)』
スパイシーで、ちょうどいい辛さ。にんにくチップが食欲をそそります。

カマンベールスモーク(480円、税込み)』
おだやかな燻製香で、コショウがアクセント。

ポテトサラダ(380円、税込み)』
粒マスタード入りでお酒に合う。フライドオニオンとナッツが香ばしさをプラス。

ハムカツエッグ(580円、税込み)』
厚みのあるハムカツと目玉焼きを割ってトロリと出てくる半熟の黄身。一緒に食べると最高の組み合わせ。

料理は、一人でも食べきれるくらいの量で、ちょっとずつ、いろいろと食べたい方にもよさそうです。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO
立飲みスタイルでクラフトビールを楽しめる「立飲みビールボーイ渋谷PARCO店」。明るくてきれいな店内は、女性ひとりでの利用にもおすすめです。


お手頃価格のクラフトビールは樽替わりで、毎日通っても新しいビールに出会えそう。11時から開店していて、買い物のついでに立ち寄ったり、空いた時間に一杯だけ飲みに来たり、種類豊富なフードを食べながらクラフトビールを楽しんだりと、いろいろなシーンで利用できそうです。一度訪れるとあなたも立飲みの魅力にはまっちゃうかも。

立飲みビールボーイ 渋谷PARCO店

〇住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO B1階
〇TEL:03-5422-3444
〇営業時間:11:00~23:30(Food.L.O. 22:30/Drink.L.O. 23:00)
〇定休日:無休
〇座席数:全席スタンディング 36席(カウンター 14席、スタンディング 22席)
〇支払い形式:お通し、チャージ料なし。退店時に支払い。
〇喫煙・禁煙:禁煙
〇お子様連れ:子供可、ベビーカー入店可
〇公式ホームページ:https://www.craftbeermarket.jp/bb-shibuya-parco/
〇Facebook:https://www.facebook.com/beerboyparco/

情報提供元:ビール女子
記事名:「渋谷PARCOで立飲みデビュー!昼11時から飲める「立飲みビールボーイ 」に行ってきた