クラフトビールを取り扱う醸造所やビアバーなど、静岡県内全域の飲食店情報をまとめた県内初のフリーペーパー『静岡クラフトビアマップ県Ver.』が2019年7月26日(金)に創刊されました!

個性的な静岡生まれのビールを楽しむためのビアマップ


豊かな自然環境と穏やかな気候に恵まれている静岡県。実は静岡にはたくさんのクラフトビールを楽しめるお店や醸造所があることをご存知ですか?2019年7月時点で静岡県内には19の醸造所と50を超えるビアバーがあります(※)。

地域やつくり手によって様々な個性をもつ静岡生まれのビールをもっと多くの人に気軽に楽しんでもらいたいという思いから、2017年に『静岡クラフトビアマップ静岡市内版』が刊行され、現在までに全国で3万部が配布されています。


『静岡クラフトビアマップ静岡市内版』を制作した静岡クラフトビアマップのメンバーは、日本酒やクラフトウイスキーなど、お酒との親和性の高い静岡は、「ビール文化が拡大・発展するポテンシャルを秘めている」、「ビアマップを通じて静岡県全体のビール文化を盛り上げたい」という思いが共通していたそうです。

さらに東京オリンピックやラグビーワールドカップによる外国人観光客にも日本のローカルビールを楽しんでもらいたいという思いから今回、静岡全域版のビアマップが今回制作されました。静岡のビール好きが作る、ビール愛・静岡愛がたっぷりこもったフルカラーのイラストマップです。

※掲載条件:クラフトビールを主力ドリンクとして扱い、樽生サーバーで常時2種類以上提供する店舗


ここが見どころ!『静岡クラフトビアマップ県Ver.』

『静岡クラフトビアマップ県Ver.』は、西部・中部・東部の醸造所とビアバー情報がフルカラーでまとまっています。

携帯しやすいハンドブックサイズなので、気軽に手に取ることができます。『静岡クラフトビアマップ県Ver.』は、静岡県内にて無料で配布されるほか、8月以降はPDFにて配信されるため、スマホやタブレット端末でも気軽に見ることができます。


掲載されている多くの醸造所や店舗は、JR東海道線沿いや観光地にあるため、旅行や出張のついでにふらっと寄れるのもポイント。近くの店舗をマップで探して足を運んでみることができます。

各店舗の最新情報はマップにのっているQRコードからオンラインで手軽にチェックでき、また、公式ハッシュタグ(#静岡cbm、#shizuokacbm 等)をチェックすることによって最新情報が手に入る可能性も!気になるお店を事前にチェックしておけば、旅の楽しみがぐぐっと広がりそうです。


クラフトビールが盛り上がりを見せる静岡県。クラフトビアマップ片手に、はしご酒がさらに楽しくなりそうです。

静岡クラフトビアマップ県Ver.

◯刊行日:2019年7月26日(金)◯仕様:A6判フルカラー、32ページ
◯発行数:初版12万部
◯金額:無料
◯配布場所:静岡県内の醸造所やビアバーをはじめとした飲食店/宿泊施設/商店/事務所/静岡市民文化会館/静岡市美術館/JR静岡駅/掛川駅/浜松駅/各駅構内観光案内所/The GATE HAMAMATSU/県内外のビールイベント
◯公式Facebook:https://www.facebook.com/Shizuokacbm


情報提供元:ビール女子
記事名:「静岡県のクラフトビール情報がたっぷり!フリーペーパー『静岡クラフトビアマップ県Ve.』が創刊