缶に名前が書かれたパッケージのビールに見覚えのある方はいらっしゃいますか?


株式会社セブン&アイ・ホールディングスとサッポロビール株式会社が共同開発したビールの第2弾として、セブンプレミアム 青森田子町 田沼さんのホップ畑から』が、数量限定で2019年11月18日(月)から数量限定で販売されています。

国産希少ホップ使用の「日本ブランド」のビールを!

ラグビーW杯などの様々なイベントが日本国内で開催され、外国から多くの人々が日本を訪れる中、「日本ブランド」の価値や伝統的な技術への関心が高まっています。

そんな中でつくられたのが、農林水産大臣賞受賞歴のある、青森県田子町のホップ生産者田沼義行さんがつくったホップを使用したビールです。



使用されたホップは、爽やかな香りをもつ“リトルスター”ホップ。ホップの爽やかな香りと、程よい穏やかな苦味が特長です。2005年に品種登録されたホップ品種で、小さいけれど株全体で鈴なりの球花の様子が満天の星のようだったことから「リトルスター」と名付けられたのだとか。

パッケージには、ホップ生産者田沼義行さんの写真やホップへのこだわりが載っており、親しみをもってビールを楽しめそうです。

一緒に食べたいおつまみは?


ごぼうの磯辺スティック揚げ

とっても簡単につくれる磯辺揚げは、食物繊維がたっぷりの『ごぼう』と風味豊かな『磯辺』で和風な『スティック揚げ』に。ポリポリと手が止まらないおいしさでビールも追加で買いに行かなきゃー!(レシピはこちら

一緒に聴きたい音楽は?

パソコン音楽クラブ、長谷川白紙 “hikari”

ホップ“リトルスター”にかけて、きらりと光るこだわりがある「セブンプレミアム 青森田子町 田沼さんのホップ畑から」と過ごす夜の時間のおともに。

日本だけのホップはいかが?

日本生まれ日本育ちのホップを楽しめる「セブンプレミアム 青森田子町 田沼さんのホップ畑から」。コンビニで気軽に手に取ることができるのも魅力の一つです。

最近は海外のビールも飲む機会が増えているという方も、この機会に日本のホップの美味しさを体感してみませんか?

『セブンプレミアム 青森田子町 田沼さんのホップ畑から』

  • 〇発売日:2019年11月18日(月)
  • 〇アルコール度数:5.0%
  • 〇原材料:麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、 ホップ 
  • 〇取扱店舗:全国のセブン&アイグループ各社の酒類取り扱い店舗約21,000店(一部取り扱いのない場合あり)
  • 〇価格:350ml缶:205円(税込225円)、500ml缶:265円(税込291円)
    〇HP:https://www.sapporobeer.jp/7premium_hopseries/

情報提供元:ビール女子
記事名:「ホップ生産者の名前が商品名に!『セブンプレミアム 青森田子町 田沼さんのホップ畑から』数量限定で登場