だんだんと涼しくなるにつれ、こっくりまろやかなものが飲みたくなってきます。サントリービール株式会社の人気シリーズ「金麦」から、今年も秋冬に飲みたい商品が登場です!


2019年10月8日(火)から、『金麦〈濃いめのひととき〉』が全国で数量限定で発売されます。ゆったりと過ごす時間のおともに飲みたい一缶です。

“深いコク”と“まろやかな余韻”で麦の旨みを堪能

麦の旨みやコクにこだわった「金麦」シリーズ。秋冬は「コクのあるしっかりとした味わいを楽しみたい」という声に応え、“深いコクとまろやかな余韻”を実現したのが「金麦〈濃いめのひととき〉」です。


「金麦」のこだわりは仕込みから。天然水で仕込むことにより素材のうまみを引き出し、さらに仕込み工程での熱反応を促進し“旨味麦芽”の特長を最大限引き出す「デコクション製法」を採用しています。

さらに、二条大麦麦芽のなかでもうまみ成分(たんぱく質)を多く含んだ“旨味麦芽”を1.3倍使用。さらに“ミュンヒナー麦芽”を一部使用することで、より深いコクを実現しました。

アルコール度数も6.0%にすることで、しっかりとした味の厚みも楽しむことができ、秋の夜長にもぴったりです。

一緒に食べたいおつまみは?


ピペラードの目玉焼き

寒くなってきた時期にフーフーしながら食べたいピペラードの目玉焼き!『ピペラード』とはバスク地方のお料理です。お肉などの付け合わせにしたり、オムレツにして食べます。日本人だったら、ナポリタンの具にしてもぴったりかも?たくさん作って保存しておくと便利ですね。今回は大胆に『卵』を2つのせて、召し上がれ♪(レシピはこちら

一緒に聴きたい音楽は?

崎山蒼志 “国”

ギターの弾き語りで、一冊の小説のような味わい深い歌詞を歌う崎山蒼志。「金麦〈濃いめのひととき〉」の深いコクとまろやかな余韻がより体と心に沁み渡りそう。

ゆったりと過ごす時間のおともに


重厚感のある上質な深緑のパッケージは、テーブルに置いておくだけで落ち着いた雰囲気に。ゆったりとした時間に傍に置きたい一缶です。

麦の旨みをさらに深く追求した「金麦〈濃いめのひととき」。寒くなる秋冬の大切な時間のおともにすれば、より濃い時間が過ごせそうです。


『金麦〈濃いめのひととき〉』

  • 〇発売日:2019年10月8日(火)
  • 〇アルコール度数:6.0%
  • 〇品目:リキュール(発泡性)①
  • 〇パッケージ:350ml、500ml
  • 〇販売地域:全国(数量限定)
  • 〇URL:http://suntory.jp/KINMUGIKOIME/


情報提供元:ビール女子
記事名:「ゆったりと過ごす時間のおともに。“濃いめ”の金麦が数量限定で全国発売