長芋 海老 銀杏 塩昆布炒め おつまみレシピ ビール

シャキシャキ感が美味しい『長芋』。炒めるとほっくり感も加わって更にあとを引く食感に。そのまま食べられる食材ばかりなので炒め時間は短いし味付けは『塩昆布』なので失敗なし!『海老』の赤と『銀杏』の黄色が華やかな超簡単おもてなしメニューの出来上がりです。

Recipe by いづみーる

材料

<3~4人分>
長イモ
400g
むきエビ(サラダ用・ボイル済)
150g
ギンナン(水煮・缶詰など)
適量
ゴマ油
適量
ショウガ
1片
大さじ1
塩昆布
30g
ミツバ
適量

作り方

Step1

長イモはピーラーで皮をむき4~5cm長さの拍子木切りにし、ショウガは皮をむいてせん切り、ミツバは4~5cm長さに切る。ギンナンは水気をきる。

Step2

フライパンにゴマ油とショウガを熱し、長イモ、むきエビ、ギンナンを入れて一気に炒める。

Step3

酒と塩昆布を加えて味つけし、ミツバを加えて火を止め、器に盛りつける。

Point

※サラダ用のボイルむきエビを使うことで手間を掛けずに炒める時間を短縮、長芋のシャキシャキ感を損なわず、一気に仕上げられます。

ひとことコメント

塩昆布の塩分量はメーカーや商品によっても違うので、お好みで加減してみて下さい。

情報提供元:ビール女子
記事名:「長芋と海老と銀杏の塩昆布炒め