女優の小松みゆき(49)が14日、自身のインスタグラムで、不妊治療の末、妊娠したことを報告した。

 インスタでは、現在5ヶ月半で「いわゆる安定期に入りました」としており、「超高齢妊娠に加えて初期から今もずっと続く重いつわり症状に苦しめられています」と、厳しい状況を報告。また、へその緒が胎盤についていないという「臍帯付着部異常」とのことで、「全く安心できない妊娠です」とつづった。

 また、妊娠を公表したことについては、「私ども夫婦は長年不妊治療を続けてきました。この度の妊娠は自然妊娠ではなく不妊治療によるものであることを念のため記しておきます」としており、7月に映画の撮影があったことから、当時3ヶ月で不安定な時期だったため、身近なスタッフにのみに伝えていたが、「つわりがきついので薄々周りの方も気づいていきますし、内緒でとお願いした方々にもストレスを与えてしまったように感じました」と明かしている。

情報提供元:News Lounge
記事名:「小松みゆき 妊娠を発表「不妊治療によるもの」