モデル・紗栄子(33)とYOSHI(17)が9日、都内で行われた被災地復興支援を行うプロジェクト『YOUR RESTAURANT』活動報告会に出席した。

 同プロジェクトは、昨年の台風19号の被災地となった千葉県館山市、長野県佐久市、宮城県角田市の3ヶ所で、「復興の活力となる楽しい時間を提供すること」を目的に、地元の人々、集まった若者、人気シェフが一緒につくりだす、笑顔を届ける1日限定のレストラン『YOUR RESTAURANT』をオープンし、全国へ復興のメッセージを届ける経済産業省の委託事業。

 千葉県・長野県・宮城県の3地域でのイベントに参加したYOSHIは、「初めは台風19号があったので、すごく凹んでいるのかな、畑もちゃんとできているのかなと心配があったんですけど、みんな台風19号なんてなかったんじゃないかというぐらい元気な笑顔を浮かべていた。自分たちも元気をもらったし、(表に出る仕事なので)発信して元気を分けたい。もっともっと(活動を)したいと思った」と、感想を語った。

 3ヶ所でのイベント風景のビデオを見た紗栄子は、「普段、自分が作った食材が食べられている映像を見る機会はなかなかないと思うんです。でも、今回のプロジェクトに参加された生産者の方々は、笑顔で参加者たちが食べている姿を実際に見ることができて、モチベーションに変わっていくと思う」と、感想を。

 さらに、「生産者さんがいて、地元の若者たちがいて、そこに笑顔が生まれて、それを配信することで見た人も笑顔になって。笑顔の連鎖が生まれていた」と、活動の意義に言及した。

 被災地や養護施設へのボランティアや支援活動を個人的に10年以上続け、2019年10月に非営利のボランティア『Think The DAY』という社団法人を設立など、支援活動に力を入れている紗栄子は、「私自身、炊き出しなどで、体育館や避難所に伺うことがあるのですが、決していい環境ではなかったりします。でも、そこで過ごされたみなさんのもうひとつ違う笑顔の思い出が同じ場所でできるということは、すごく素敵なイベントだなと思いました」と、このプロジェクトに賛同した。

 人気シェフが地元の食材を使ったオリジナルレシピを提供し、被災地で食事会を開くこともこの企画の魅力だが、思い出に残っている料理について「おいしかった。白身に近い、(味は)マダイに近かった」と、長野県佐久市でコイ料理を挙げたYOSHIに対して、紗栄子は、アロエが食材として使えることをはじめて知ったそうで、「料理のレパートリーが増えました」と、ニッコリ。実際に宮城県産の巨大なアロエ(=アロエベラ)を購入したそうで、「角切りにカットしてサイダーで割った。そぎ落とした皮もお風呂に入れました。保湿効果があり、お肌にも良く、殺菌効果もあると聞いたので」と、思わぬ収穫にご機嫌だった。

 最後にYOSHIは、「今の時代、SNSだけではない、人と人のちゃんとしたつながりは今の時代薄れてきているから大切だなと思った。こういうものを10代の若者から発信していかなきゃなと思いました。今回の経験を通じて、今後もこのような支援を続けたいと思っている。今回のように自分が若い子に伝えつづけていき、より支援が盛り上がって欲しい」と、意気込みを。

 紗栄子は、「(被災することは)悲しいことだけど、そういうときこそ人の絆がすごく強くなると思う。人の温かさや気持ちの強さを感じた。これからも支援の輪がもっと広がるように、私たち芸能の人間が発信していくことが大事だと思いました」と、訴えた。

 また、YOSHIのような10代がボランティア活動に参加することに意義を感じ、「YOSHI君は私にとって希望のような存在。今後何かあったら一緒にやっていきたい」と、オファーすると、YOSHIも、「やりましょう!」と、即答。今後も支援活動を協力していくことで意気投合した。

 フォトセッションの際、同じトレーナー姿でYOSHIと並んだ紗栄子は、「なんか、ペアルックみたいで恥ずかしい。(笑)。しかも、被っちゃったんです」と、プロジェクトのトレーナーだけでなく、黒のパンツにブーツとボトムや靴までかぶったことに大照れ。YOSHIも、「被っちゃった。面白いくらいに」と、にっこり。

 すると、紗栄子は、「もう息子みたいな感じです」と、声を弾ませながらYOSHIに顔を近づけ、笑顔をカメラに向けた。そんな紗栄子に、カメラマンから「(母と)息子みたいな感じで!」など、“母息子” 感たっぷりのリクエストが飛び交い紗栄子も照れながら応じていた。

 ■『YOUR RESTAURANT』とは

 若者に絶大な影響力を持つアイコンが各地を訪れ、地元の方々や集まった若者たちと一緒に“楽しい時間”をつくりだす。そして、人気シェフが地元の食材をつかったオリジナルレシピを考案し提供する1日限定のレストラン。「食」という体験を通して、地元の方々を元気にし、全国へ復興のメッセージを届ける取り組み。今回のプロジェクトには、紗栄⼦、YOSHI、モデルのミチ(21)、よしあき(20)、重川茉弥(まやりん)(16)、仲本愛美(まなまな)(18)、古田愛理(17)が参加した。

 



情報提供元:News Lounge
記事名:「紗栄子、YOSHIと被災地支援プロジェクト活動を報告!「もう本当に息子みたい~」と、今後も“母息子”タッグで