篠田麻里子 主演舞台「アンフェアな月」のアクションがダンスっぽくならないようにしたコツとは?「世界観できた」と手応え

篠田麻里子 主演舞台「アンフェアな月」のアクションがダンスっぽくならないようにしたコツとは?

 女優・篠田麻里子が22日、東京・天王洲銀河劇場で『~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台「アンフェアな月」』(脚本・演出:菅野臣太朗)ゲネプロを、俳優・染谷俊之、中村優一、和田琢磨、『2丁拳銃』川谷修士、下村青、飯田基祐らとともに開きその熱気を伝えた。

 女性刑事・雪平夏見を主人公とする秦氏のハードボイルド小説シリーズの1作で、テレビドラマ『アンフェア』(CX)の原作となった『推理小説』の続編。

 ゲネプロ前には囲み会見が開催。ここまでけいこで演じてみての手応えを問われ篠田は「大人気シリーズの初の舞台化なので稽古をたくさんしまして、新しい『アンフェアの月』の世界観ができたなと。とても素敵な舞台になると感じています」と、胸を張り、雪平夏見としては「一見クールな感じもしますけど、愛にあふれた女性なので、そんな愛にあふれた女性を演じられれば」と、抱負も。

 染谷は「ドラマはドラマ、この舞台は舞台なりの良さがあると思います。雪平夏見をサポートする役ですけど舞台の外でもサポートしてあげたいなと思います」と、座長を支えることを誓った。

 中村は「僕の役どころは篠田さん演じる雪平の元旦那ということで、しかも父親役なんですけど、そのシーンが仕上がっていると思いますのでそこが見どころです」といい、こちらはなぜか共演者らから笑い声が上がるという意味深な様子を伺わせたり、川谷は、「僕、無茶苦茶“おいしい”です。“おいしい役もらったなと」と、本番が楽しみになりそうなものだった。

 昨年11月の制作会見では篠田が殺陣がダンスっぽくならないようにと意気込んでいたが、「全体を通してアクションシーンはあるんですけど、そのシーンで何を目的にしているのかは明確にしたことでそこは解消されたかなって」と、しっかりクリアしたとも。

 ほかにも篠田は稽古中もキャスト陣と酒を酌み交わしたそうだが、「みなさんお酒強くて朝までの方とかチラホラいらっして、ちょっと痛風ギリギリの方が……」と岡田をチラリと見て、岡田は大慌てで報道陣を沸かせていた。

 「いよいよ初日を迎えることになりました。私たちは1ヶ月間けいこを積んできて、とても素敵な舞台なので観に来てください!」と、呼びかけていた『~刑事・雪平夏見シリーズ~ 舞台「アンフェアな月」』は22日から3月4日まで天王洲銀河劇場にて上演!

情報提供元:News Lounge
記事名:「篠田麻里子 主演舞台「アンフェアな月」のアクションがダンスっぽくならないようにしたコツとは?「世界観できた」と手応え