アスマークは、オンラインインタビューツール「i-PORT voice」を9月1日にリリースした。

同システムは、調査モニターとの対面インタビューや分析を得意とし、オフライン定性調査に強い実績を持つアスマーク初の調査専用システム。バックルーム環境の充実や、モデレーター目線など、リアルな使い心地を追求している。

デプスインタビューはもちろん、最大6名までのグループインタビューの実施が可能。さらにインタビュー会場特有の空間構造もオンライン上にリアルに実現。まるでオフライン定性調査のように、ミラールーム・バックルームを仮想空間上に準備されている。

バックルームでは、インタビュー中に関係者でチャットが可能となり、円滑なコミュニケーションが可能に。また、モニターが共感ボタン機能で「いいね!」を気軽に送りあえるほか、バックルームで見学者が気になるモニターを拡大表示し表情まで観察することも可能となっている。

【調査可能項目】 ・コンセプト評価・競合商品比較 ・パッケージ評価・試飲試食評価

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「アスマークがオンラインインタビューツール「i-PORT voice」を9月1日から提供開始 仮想バックルームを実装でコミュニケーションを活性化