日本で初めての開催となった今回のラグビーワールドカップ。南アフリカ対イングランドの決勝戦が11月2日に行われ、32-12で南アフリカの優勝という結果で幕を閉じました。開催国の日本チームもベスト8に進出し大健闘。日本中に新たなラグビーファンが生まれるなど、大きな盛り上がりをもたらしてくれました。

また、注目を集めたのは試合だけでなく各国のチームがキャンプを行った場所もその一つです。中でもニュージーランド代表 「ALL BLACKS」のホスト市となった柏市では、「柏 ラグビースクール」の子どもたちがオリジナルの「柏ハカ」を披露。その様子は大会公式ツイッターにも投稿され、242 万回以上も再生されるなど、国内外で大きな話題となりました。

「柏ハカ」の様子

柏ハカを披露した少年の手紙が新聞に掲載

そして今回、日本中に感動を与えてくれたALL BLACKSへの感謝を届ける為に、キャンプのトレーニング施設としても使われた「柏の葉小学校」の生徒達から手紙を募集。

総勢 150 通の手紙の中からALL BLACKS の前で柏ハカを披露してくれた少年・コウタロウ君の英語で書かれた手紙が「柏の葉から ALL BLACKS へ、感謝の手紙広告」として11 月 3 日(日)に、日本経済新聞の全面広告で掲載されました。

また、家族全員ALL BLACKS ファンというコウタロウ君が、実際に手紙を書く様子を収めたメイキング映像も同時に公開。自身初挑戦だったという英語での手紙からはコウタロウ君のALL BLACKS への熱い想いが伝わってきます。

コウタロウ君の手紙・日本語訳

オールブラックスのみなさんへ こんにちは! 柏の葉に来てくれてありがとうございました。会えてうれしかったです。

オールブラックスが大好きです。みなさんの前で柏ハカをおどることができて、とてもうれしかったです。いっしょうけんめいハカの練習をがんばりました。

横浜と東京スタジアムで試合を観戦しました。オールブラックスの選手たちは、みんな最後まで走り続けていて、すごくかっこよかったです。ぼくもあんなふうになりたいと思いました。

だから、これからもラグビーとハカをがんばります。またいつか会えるとうれしいです。ラグビーが大好きです。がんばれ オールブラックス!!

柏の葉小学校 コウタロウ

メイキング映像

メイキング映像では、コウタロウ君が小学校の教室で一生懸命手紙を書いている様子や、ラグビーの練習をしている様子が収められており、自身が書いた英語の文章も読み上げています。また今回、各国の選手が試合後に客席に向けて行うお辞儀が話題になりましたが、コウタロウ君も映像の最後はお辞儀で終了。コウタロウ君のラグビー愛が伝わる映像でした。

 

日本各地で盛り上がりを見せた今回のラグビーワールドカップ。今回だけでこのラグビー熱が冷めてしまわないように、今後もラグビー日本代表の活躍に期待です。

GQ JAPAN(ジーキュージャパン) 2019年3月号
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「ラグビーを愛する一人の少年がニュージーランド代表・オールブラックスへ送った手紙が日経新聞の全面広告に掲載