女性の皆さま、普段の生活では本当の自分を見せて過ごしているでしょうか?本当は言いたいことも空気を読んで言わないようにしている、普段はいい加減だけど会社では真面目なキャラクターを演じている、本当の自分を見せて嫌われるのが怖い、といったように素の自分を見せずに生活している女性は多いのではないでしょうか。

今回、アバターの着せ替えやコミュニケーションが楽しめるアプリ「ポケコロ」を運営するココネ株式会社は、着ぐるみを着ているかのように人前で本当の自分を見せない女性のことを「着ぐるみ女子」と名付け、20~40代の女性に対しアンケートを実施。今時の女性たちの素顔について調査を行いました。

8割以上が「着ぐるみ女子」を自覚

調査ではまず、自分自身に“よそいきの自分”と“ホントの自分”の2つの顔があるかを質問。すると83%が「あると思う」と回答。

続いて「ホントの自分を出さないのは誰といるときですか?」と質問すると以下のような結果に。会社員、主婦で違った結果となりました。

さらに、「着ぐるみ女子」たちに本当の自分を出していない具体的なエピソードを聞くと、以下のような回答が。

「ママ友の集まりに参加したくないがハッキリ言えないので、家族の体調不良などを理由にやんわり断っている」(36歳)

「夫の前ではベタベタする甘えん坊なキャラクターだが、職場や他の人の前ではそれを出さないようにしている」(30歳)

「コスプレが好きで、部屋もオタク趣味で一色だが、職場ではだまっている」(35歳)

「自分の本音」「キャラクター」「趣味」を出さないようにしているという人が多いようです。

「ホントの自分が出せる場所」が重要

本音を出せない「着ぐるみ女子」たちに「本音をためこんだり、素のキャラクターを出さなかったりすることで、ストレスや気持ちのモヤモヤを感じてしまうことはありますか?」と質問すると82%が「ある」と回答。

さらに、「普段の生活で言えなかった本音や、普段は見せていない自分の姿を出せる場所を持つことは重要だと思う」と答えた人は93%となり、本当の自分を出せる場所を持っているということは大事な事と言えそうです。

また、「本当の自分を出しやすいと感じるのはどのような場所だと思いますか?」という質問には、「共感してくれる仲間がいる」が91%、「リアルではなくネットの世界である」(52%)、「感情移入できるアバターを通じて発信できる」(39%)という回答が。

「本当の自分を出せる場所が新しくできたら、どのようなことをしたいですか?」という質問には、以下のような回答がありました。

「本当は好きなのに普段あまり話せていない、アニメやゲームの話をしたい」(27歳)

「コンプレックスから解放され、素の自分をさらけ出したい」(39歳)

「自分の趣味と合う人がいたなら、一緒に語りたい」(43歳)

本当の自分でいられるアバターワールド「ポケコロ」

「ポケコロ」は、よそいきの自分に疲れたときに、本当の自分を思いきり楽しめるスマートフォンアプリ。かわいいアバターやファッション、同じ趣味の人を探すことができる「掲示板」機能や、辛いことがあったときに励ましあえる「なぐさめの星」機能など、様々な楽しみ方が満載です。

「着ぐるみ女子」にぴったりな「ポケコロ」で、本当の自分が楽しめる新しい居場所を見つけてみてはいかがでしょうか?

「ポケコロ」オフィシャルサイト:https://www.pokecolo.jp/

もう一度学びたい 心理学 2018年11月08日発売号
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「普段の生活では本当の自分を出せない「着ぐるみ女子」とは!?8割を超える人が「着ぐるみ女子」を自覚