コーヒーの製造・流通・輸入業者による団体「全日本コーヒー協会」が主催する第4回「Life with Coffee フォトコンテスト2019」の授賞式が28日、池袋サンシャインシティB1F 噴水広場にて行われました。

第4回「Life with Coffee フォトコンテスト2019」は“コーヒーとともに過ごす時間”をテーマに、「くつろぎ」「愛する人と」「アウトドア」「仕事の合間」「旅先」「インスタグラム」の全6部門を設け、それぞれの部門に合った写真を募るコンテスト。当日は、6500を超える応募より各部門の部門賞受賞者が登壇し、グランプリが発表されました。表彰式終了後は「国際コーヒーの日」である10月1日(火)に先駆け、コーヒーの試飲イベントや商品サンプリングも実施。多くの人々が集まりました。

表彰式では、はじめにブラジル人のサンバダンサーが登場しました。審査員・受賞者ともに音楽に合わせて手拍子をしながら楽しむ様子も。グランプリ発表に向け、会場の熱気を高めました。

開会あいさつにて、全日本コーヒー協会会長理事・横山敬一氏は、日本で飲まれている飲料のなかでもっとも多いのがコーヒーであると話し「年間を通し、赤ちゃんも含めて、日本人は一人当たり350杯コーヒーを飲んでいます」とコメント。

さらに「最近では、コーヒーと健康に関する研究成果も発表されており、生活習慣病の対策としてもコーヒーの需要は着実に伸びております」と言及しました。また、今回の応募作品を見て「コーヒーが生活にとってかけがえのない、大切なアイテムになっていることを実感できる作品ばかりです」と感想を話しました。

続いての来賓挨拶では、農林水産省 食料産業局 食品製造課 上河内光秀氏が「コーヒーは、消費が伸びている品目です」と述べ「1年前、震度7の地震が北海道でありました。当時札幌で勤務していたのですが、数日後のニュースで、自衛隊の方々が被災地で淹れたてのコーヒーを振舞っている映像が映し出されて、それを受け取って飲んでいる皆様の笑顔が今でも印象に残っています」と自身のコーヒーに関するエピソードを話し「コーヒーは心に潤い、生活に彩りを与えてくれるもの」であると話しました。

各部門の発表がされたあとは、グランプリの発表へ。

グランプリに輝いたのは、北海道虻田郡在住・野呂圭一さんの『無人島の夕陽に癒されながら』。北海道の自然を感じながらコーヒーを楽しむ、ゆったりした時間をこちらも体感できるような作品でした。

終盤には、特別審査員の写真家・織作峰子氏、インスタグラム部門審査の東京カメラ部代表取締役社長・塚崎秀雄氏からの講評も。写真から伝わる、コーヒーのある温かい日常やほっとする瞬間を、構図や光の差し込み方などプロならではの視点で語りました。

表彰式終了後は、コーヒーの試飲と商品のサンプリングが行われていました。

試飲を楽しんでいる方々が、今回のフォトコンテストから新設された佳作賞(6部門各20名が選出)の作品を眺める様子が見受けられ、コーヒーと共に過ごす時間をテーマとした写真を見ながら、ひと時のコーヒーブレイクを楽しんでいるようでした。

当日は、神戸でも同じイベントが実施。1日を通して2拠点でコーヒーを楽しめ、日常に欠かせないアイテムをより身近に感じられるようなイベントとなりました。私自身も、毎朝飲んでいるコーヒーとの時間をより大切に過ごしたいと感じました。

第4回『Life with Coffee フォトコンテスト 2019 』の公式ページでは、グランプリをはじめ各部門賞作品などが掲出されています。みなさんもコーヒータイムに合わせてご覧になってはいかが?https://www.life-with-coffee.com/

Coffee Complete 2017年11月22日発売号
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「第4回「Life with Coffee フォトコンテスト2019」が開催!グランプリは野呂さんに