2020年1月13日(月・祝)まで寺田倉庫G1-5Fで開催中の大規模な世界巡回展「STAR WARS Identities: The Exhibition」。スター・ウォーズ アイデンティティーズ日本実行委員会により、今年12月に全国公開するシリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を記念し開催された展示企画。

The Lucas Museum of Narrative Art 所蔵の200点以上の膨大なオリジナル・コレクションから、映画で実際に俳優たちが着用した衣裳や、作中で使用された小道具、模型、キャラクターの設定を決めるために描かれたコンセプト・アートなどを展示。オリジナル・トリロジー(1977-1983 年)、プリクエル・トリロジー(1999-2005 年)、アニメ・シリーズの『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』、2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』まで、様々な作品を網羅。人気のダース・ベイダー、R2-D2、チューバッカ、ボバ・フェット、ヨーダ、ミレニアム・ファルコンなど幅広い世代の来場者を魅了する内容になっているんです。これだけの規模の展示品を見ることができるのは、日本では最後の機会かもしれません。

もうひとつの注目コンテンツは、インタラクティブ・クエスト。会場内に設置されたインタラクティブスペースで出題される質問に答えながら 入場時に配布されるID付きブレスレットをタッチしていくと、来場者の性格や価値観などのアイデンティティーが反映されたオリジナルキャラクターを作ることができるんです。オリジナルキャラクターの種類は実に5000万通り以上。さらに、そのキャラクターは、自身のPCやスマホに転送でき、SNSでシェアすることも可能。どんな『スター・ウォーズ』ヒーローが生まれるのかはアナタ次第です!!

ぴあ Movie Special 2019 Spring (2019年04月01日発売)
Fujisan.co.jpより

STAR WARS™ Identities: The Exhibition

会場:寺田倉庫 G1-5F(東京都品川区東品川 2-6-4)

会期:2019 年 8 月 8 日(木)~2020 年 1 月 13 日(月・祝)

時間:10:00~19:00(最終入場 18:30)

休館日:2019 年 9 月 9 日(月)、10 月 21 日(月)、11 月 18 日(月)

2020 年 1 月 1 日(水・祝)~1 月 3 日(金)

アクセス:りんかい線「天王洲アイル」駅 B 出口より徒歩 4 分

東京モノレール羽田空港線「天王洲アイル」駅 中央口より徒歩 5 分

オフィシャル HP:http://www.starwarsidentities.jp

Twitter:@SWID_JP

Facebook:@StarWarsID

YouTube:「STAR WARS Identities: The Exhibition」

主催:スター・ウォーズ アイデンティティーズ 日本実行委員会

協賛:ANAJCB カード 後援:日本テレビ/品川区 特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン

企画制作・運営:ソニー・ミュージックソリューションズ

© & TM 2019 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Used under authorization.

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「【動画】4分くらいの動画で分かる今話題の「STAR WARS Identities The Exhibition」の魅力‼