お菓子メーカーのギンビスは、9月2日より、同社初となるホットドリンクとペアリングして食べるストロープワッフル「GINZA WAFFLE (ギンザワッフル)」を全国のコンビニにて先行発売する。その他の小売店は9月16日より販売される。価格は1枚130円(税抜)。

「ギンザワッフル」は、コーヒーや紅茶などのホットドリンクとのペアリングに特化。香ばしい薄焼きワッフルをそのまま食べても十分に美味しいが、1~2分カップに乗せると熱でキャラメル蜜が溶け、何とも言えないトロ~リ食感を楽しむことができる。

同社はこれを“オンザカップ”という新しい食べ方として提案し、オフィスでも映える大人の休憩タイムのプチ贅沢として推奨している。

また、ギンビス公式Twitterアカウント(@GINBIS_PR)では、8月26日~9月25日の期間限定で、オリジナルブレンドコーヒーが入った「ギンザワッフル“スペシャル”ギフトセット」が抽選で当たるキャンペーンを展開する。(公式:http://www.ginbis.co.jp/ginzawaffle/)

オリジナルブレンドコーヒーは、焙煎技術を競う大会「ローストマスターズチームチャレンジ2018」で優勝した萩原大智氏の監修の下、ギンザワッフルに最適なブレンドを同社マーケティング部と研究開発部が一丸となって開発した逸品となっている。

“オンザカップ”で食べるストロープワッフル「ギンザワッフル」は9月2日より全国のコンビニで先行販売されます。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「“オンザカップ”でトロ~リ食感!オフィスでプチ贅沢が楽しめる「ギンザワッフル」が9月2日から先行発売