アメリカ・ミネソタ州ミネアポリスにて開催中のX Gamesミネアポリスにて、堀米雄斗が優勝!初出場の白井空良が3位に輝いた。同じく初出場の池田大亮も予選を3位で通過し、決勝では7位と大健闘。堀米は最大の武器であるノーリーからのトリックで高難度の技を披露し、89.00点を獲得。

白井はアーリーウープからのフロントサイド180フェイキーバックサイド5-0グラインド 180アウトなど独自のスタイルで攻め、最後はハードフリップ フロントサイドボードスライドを見事に決め、87.00点を獲得した。

X Gamesは2020年東京オリンピック出場の為のポイント対象外のコンテストの為、ワールドスケートの発表するランキングポイントには反映されないが、その注目度は群を抜いており、世界中の人が注目する大会となっている。

ズバ抜けたオリジナリティを持つ2人

堀米優斗のラン

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

X Gamesさん(@xgames)がシェアした投稿 -

堀米雄斗は2本目のランで…

ノーリーフロントサイド180 スイッチバックサイド50-50グラインド180アウト

ノーリー バックサイドノーズブラントスライド

フロントサイドブラントスライド

360フリップ

ノーリーバックサイド270ノーズスライド

ノーリーフロントサイド270リップスライド

ハーフキャブブラント フェイキー

以上のルーティンを完璧にメイクし89.00点を獲得。

7トリック中4つがノーリー系の構成と、独自のスタイルを見せた。

※ノーリーとは進行方向側の足(利き足と逆)を踏み込んで飛ぶ技のこと。

白井空良のラン

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

X Gamesさん(@xgames)がシェアした投稿 -

白井空良も2本目のランで…

バックサイドブラントスライド

フロントサイド5-0グラインド

360フリップ

フロントサイド180 フェイキーバックサイド5-0グラインド ブラインドサイド180アウト

バックサイドディザスター

フロントサイドビッグスピン

キャバレリアルバックサイドテールスライド

バリアルヒールフリップ

ハードフリップ フロントサイドボードスライド

以上のルーティンを完璧に決め、87.00点を獲得した。

白井の滑りで特徴的だったのが、アーリーウープで入るフロントサイド180からのフェイキーバックサイド5-0グラインド ブラインドサイド180アウト。この技の場合、アーリーウープで入らないといけない為、ぐっと難易度が増す。

さらに片方のトラックだけでレッジを滑り、後ろ側に180度回転して着地するという、技名だけでもとんでもなく長いのに、それを完璧にメイクするという所はまさに神業!(※アーリーウープとは通常とは逆方向に回転して飛ぶ技の意味。技の難易度も高くなる)

さらに最後のレールで見せたハードフリップ フロントサイドボードスライドも素晴らしいメイクで高得点を獲得した。堀米雄斗や白井空良のような日本の新世代スケーター達の特徴の一つに「独創性」があげられる。既存のトリックに自分のオリジナリティを加え、それら複合技を完璧に仕上げてくる。

そうすることで、彼らのオリジナルトリックのような存在になり、結果的にすごい勢いでスケートボードを進化させている。これからもどんな進化を見せてくれるのか楽しみで仕方がない。

スケートボード男子ストリート結果

1位 堀米 雄斗 -89.00

2位 Nyjah Huston -88.00

3位 白井 空良 -87.00

4位 Jagger Eaton -86.33

5位 Jamie Foy -86.00

6位 Luan Oliveira -84.00

7位 池田 大亮 -73.33

8位 Felipe Gustavo -71.33

9位 Dashawn Jordan -69.66

10位 Kelvin Hoefler -68.66

X Gamesミネアオポリス スケートボード男子ストリート

筆者・小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「X GAMESミネアポリス堀米雄斗が初優勝!初出場の白井空良が3位