好きな人から「今、恋愛はいいかな」と言われても、好きな気持ちを諦めることはできませんよね。そんな恋愛を頑なに拒む“恋愛はうんざり”女子の口説き方をご紹介します。

まずは恋愛に気が進まない理由を聞く

恋愛をする気分でない女性には、なにか理由があります。今は仕事が楽しくて、恋愛はいいなと思っていたり、過去の経験から恋愛に疲れうんざりしていたりと、理由はさまざまです。

女性の気持ちを否定せず、気が進まない話をきいて女性の気持ちをしっかり理解しましょう!

過去の恋愛が原因の場合は、焦らずじっくり待つ

元彼を引きずっていたり、過去の恋愛でトラウマがあったりする場合は、女性の話を聞きながら友人関係を続けて、彼女の心の傷が癒されるのを待ちましょう。

時間はかかるかもしれませんが、恋愛の傷は時間が解決してくれます。その間も連絡を取り続け、徐々に距離を縮めていきましょう!

告白をしても交際を促さない

恋愛に乗り気ではない女性を好きになり、どうしても告白をしたい時は、好きという気持ちのみを伝えるようにしましょう。どんな理由であれ、恋愛をしたくない時に「付き合ってほしい」と言うとNOと言われる可能性が高くなってしまいます。

告白をする時は、好きと言う気持ちだけでも知っておいて欲しいと言う旨を相手に伝えましょう!

“恋愛はうんざり”女子とは時間をかけて関係をつくって

恋愛の気分にならないと言う女性も、その気持ちがずっと続くわけではありません。もちろん、もう恋愛をしたくないと思っている女性もいるので相手の恋愛観などをしっかり聞き出してから、信頼関係を作りましょう。

時間をかけ友達として付き合いながら、相手と向き合っていくことで、なくてはならない存在になることができます。恋愛に興味がない女性と交際できた場合、他の男性では壊せなかった心の壁を壊すことで、女性との絆が深まり長続きしやすくなりますよ。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「かたくなに心を閉ざす“恋愛はうんざり”女子の口説き方