最近は美容男子という言葉も定着し、男性も見た目に気を遣う時代になりました。女子に負けないくらいにスキンケアにこだわりを持つ男性や、中には化粧をする男性も!? 今回は男性の化粧について。イマドキ女子が許せる男性の化粧の範囲とはどの程度のものなのでしょうか。

ファンデはNG、BBクリームはOK

肌をキレイに見せるためBBクリームや下地程度のものであればOK。しかしファンデーションにまでなるとガチすぎるため無理だという女性の意見多数。

「下地程度のものであれば日焼け止め感覚で男性がつけてもいいと思う。しかしファンデーションにまでなるとガッツリしすぎてる感があって無理かも」(Mさん・24歳・フリーランス)

カラコンはナチュラルなものであればOK

カラコンも今やほとんどの女性がつけていますが、男性がつけるとなると女性はどう思うのでしょうか。女性の意見として、違和感を感じるほどに黒目が大きくなるものはNG。しかし、色含め大きさがナチュラルなものならOKだそう。

「ヴィジュアル系が好きなので、むしろカラコンには大賛成。でもやりすぎはちょっと……」(Rさん・24歳・大学院生)

髪色に合わせたアイブロウならOK

眉毛は髪色に合わせて、眉マスカラで色を調整する程度のものならOK。むしろ髪色と眉毛が違いすぎると、それはそれで違和感がでるので合わせてほしいとの声も。アイブロウで調整する程度のものであればOKですが、まったく毛のない眉毛に無理やり書き加えたようなものは違和感しかないのでやめてほしいとのこと。

「眉毛を抜きすぎたのかまったく毛のない眉毛に無理やり書いてるような人は絶対にイヤ!」(Mさん・24歳・フリーランス)

口紅はNG、色味のあるリップ程度であればOK

唇の色を出すために塗る口紅ですが、飲み物を飲んだ際にコップのフチについてしまうようなちゃんとした口紅はNG。しかし、若干色味がつくリップクリーム程度のものであればナチュラルでOKとの意見も。

「唇の色がないからって男性が口紅を塗ってたらさすがに気持ち悪い。色味が気になるならリップクリームに若干色がついた程度のものでいいと思う」(Mさん・24歳・フリーランス)

その他、男性がアイラインを書いたりマスカラをつけたり、チークを塗るのはやりすぎではないかといった意見続出。

男性も化粧をする時代!? なんて言われていたりしますが世間の女子が男性に対して許せる化粧は上記程度のもの。美意識が高く化粧に興味があるのはいいことですがやり過ぎには充分注意が必要です!

月刊マーチャンダイジング 193号 (2014年01月25日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「どこまでがOK?男性の化粧