こんな店員さんがいたら、毎日通っちゃいますよ。なんならもう、食べられちゃってもいいですよ。

女優の山本舞香さんが4日、都内で開催された「東京喰種:re CAFE」内覧イベントに出席。ヒロインを演じた実写映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』に登場する喫茶店「あんていく」の制服姿で登場した山本さんは、カフェで提供されるメニューの食レポに挑戦したほか、映画の魅力を語りました!

6月6日より期間限定オープンとなる「東京喰種:re CAFE」は、漫画『東京喰種トーキョーグール:re』に登場する個性的なキャラクターたちをイメージしたコラボレーションメニューを提供。原作公式の新作グッズを先行販売するほか、 7月19日に公開する実写映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の衣装展示なども行われます。

予期せぬ事故によって、人を食べないと生きていけない喰種と人間のハーフになってしまった主人公・カネキ(窪田正孝さん)が、史上最悪の喰種と呼ばれる月山(松田翔太さん)と繰り広げる戦いなどを描く『東京喰種 トーキョーグール【S】』で、ヒロイン・霧嶋董香(トーカ)を演じた山本さん。内覧会では『【復刻】カネキの隻眼カレー ¥1,490』『「美食家」月山のローストビーフ ¥1,590』『トーカのゼリードリンク ¥990』の3品を試食することになりました。

「え~~…!あ、でもいい匂いする。匂いは普通」と言いつつカレーを口に運んだ山本さんは「普通のカレーよりもちょっと辛めの…お肉も柔らかい!おいしい~」とニッコリ(隻眼パクりでの真顔カメラ目線もいただきました)。レモンソーダ味のゼリーは「おいしい!可愛い!映え!」と評し、ローストビーフにも「うん!ローストビーフ。おいしい~」と満足げ。「おいしい」を多投しつつ「食レポできないんですよ…」とこぼす姿が、また良かったです。

その後、山本さんは「実際、疑ってたんですけど…味、大丈夫かなみたいな(笑)。全然おいしくてびっくり」としたうえで「写真が取れることが面白いじゃないですか。喰種になった気分で食べられるのと、味がしっかり美味しいので、安心しました」とカフェの魅力をアピール。映画についても「ラストの20分の、喰種VS喰種のバトルも、もちろん見どころなんですが、人間と喰種のドラマといいますか、それがものすごく素敵なので、そこにも注目していただきたいなと思います。あとは音楽も素敵なので、エンドロールまでしっかり見てください」と誇らしげに話していました。

もうね、山本さんはね、ノリがとてもギャル。メニューには『【復刻】まずいサンドイッチ(RC値 3,000over) ¥590』もあるのですが、取材陣に「まずいサンドイッチ食べた人?」「味まずかった?」と気さくに呼びかけたり。そういう親しみやすさが、すごくいいと思ったんですよ。なかなかいないでしょ。こういうノリの若手女優さん。面白い。ちょっとしばらく、目が離せないですね。

東京 池袋パルコ本館7F、名古屋 名古屋パルコ西館8F、福岡 福岡パルコ本館5F、札幌 札幌パルコ4Fの「THE GUEST cafe&diner」にて限定オープンです!

non・no(ノンノ) 最新号:2019年7月号 (2019年05月20日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「山本舞香さんが激カワな「あんていく」の衣装で食レポしてくれたぜ