人気深夜番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で“セクシーお姉さん”としておなじみのタレント・青山めぐ(30)が、4日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)に登場。10ページにわたる大胆グラビアで妖艶な美ボディをさらけ出している。

青山は『月曜から夜ふかし』の企画で、脚に腕時計をつけた「もも時計のお姉さん」として話題に。その後もたびたびセクシー企画にチャレンジし、男性視聴者を大喜びさせている。

その一方、5月31日放送のドラマ『家政婦のミタゾノ』(テレビ朝日系)第7話でコメディ要素のある役柄を好演するなど女優としても活躍。放送中のドラマ『頭に来てもアホとは戦うな!』(日本テレビ系)では、美人秘書役でレギュラー出演している。

今回のグラビアは、ドラマの役柄である「美人秘書」をテーマに撮影。趣味のキックボクシングで鍛え上げた極上ボディを惜しげもなく披露している。

青山めぐのグラビアが掲載されている『FLASH』は6月4日より発売中です。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「青山めぐ、美人秘書をテーマに妖艶グラビア!伝説の「もも時計」姿も公開