いあや、嬉しいねぇ。本当に嬉しい。そんなことを言ってくれるなんて、こちらこそですよ。え?何がって?女優の知英の発言でんがなぁ!

それは知英が暗殺者を熱演する、10月27日公開の日米合作映画『殺る女』でのこと。公開直前の3日に都内で完成披露上映会が行われ、主演の知英、共演の武田梨奈、宮野ケイジ監督が出席したの。

運命に翻弄されるプロの暗殺者・愛子役の知英は「今まで演じた役の中で一番セリフのない役。当初はセリフを覚えなくていいやラッキー!と思ったけれど、全部表情や目の演技で表現しなければいけなくて、それは大間違いだと思った」と苦戦の熱演報告。

そんな知英は、人生のターニングポイントを尋ねられると「女優をはじめたこと。第二の人生を生きているみたいな感じなので、こうして日本で活動できているのも、自分の人生においての大きなターニングポイント。これからも色々な現場での出会いを大切にしていきたい」。

…言ってくれるじゃない。異国の地でさ、グループからソロになってさ、心機一転女優にチャレンジしたんだよ。アンタはエライ!

なお知英と武田は本作が初共演で、この日が初対面。知英は武田を「可愛いし、素敵な笑顔に惹かれる。アクションのイメージがあるけれど、この映画ではか弱い感じのとても素敵な女性で、こういう面もあるんだと新しい発見だった」と褒めちぎり。

当の武田は「イベント前の撮影でカメラマンの方から『見つめ合ってください』と言われたけれど、恥ずかしくて見られなかった。天然記念物のようで、知英さんって実際にいたんだと言うくらいの透明感。芝居も歌もダンスも言葉も喋れて性格も優しくて悪いところが一つもないから悔しい」と知英の完璧ぶりにジェラシズムだったお。

Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス) 167号 (2018年03月02日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「恥ずかしくて見つめられない!女優・知英は天然記念物!?「殺る女」完成披露試写会