気づいたら、音楽定額配信サービスがたくさんできていて、どれを選んだらいいのかわからない!そもそもこのサービスを利用するとオトクなの?と迷っている人がいます。この手のサービスに3つも加入している筆者より選びかたのポイントをお伝えします。

定額配信サービスは使い分けできる

私はAmazonMusicUnlimited、AWA、SMART USENの3つの音楽定額配信サービスに入っています。どれかひとつに絞ることも考えたのですが、それぞれに良さがあり、絞ることができずにいます。でも、3つ入っても合計で1760円なのでCD1枚より安いので、使い続けていて、かなり快適です。

最近では映画もいろいろな定額配信があり、それぞれに特色があるので、自分の好みのものを配信している複数のサービスを選ぶ人も増えてきましたが、音楽もそれと同じで、自分好みのサービスを複数利用すると、快適なのです。『デジモノステーション』2018年3月号でも音楽定額配信8サービスを比較しています。無料お試し期間を設けているサービスも多いので、何が自分にフィットするかを探してみるのもいいでしょう。

デジモノステーション 2018年3月号 【巻頭特集】 音楽定額配信時代のオーディオ選び
Fujisan.co.jpより

お気に入りの曲を聴きたい

AWA(月額960円)は、国内外のヒットソングをかなり網羅している上に、いろいろな人のプレイリストを利用でき、世界が広がるのが楽しいサービス。たとえばですが「松田聖子カバーソング集」を選んで、デーモン閣下が赤いスイートピーを歌っていたなんて!とびっくりする出会いもありました。

お気に入りをランダムに聴きたい

Amazon Music Unlimited(月額380円)は、スマートスピーカーのAmazon Echoを持っている人が加入できるサービス。こんなに安いのに4000万曲が入っていて、声で曲名を伝えることができます。時々ライブヴァージョンをそっと挟み込んでくれたりする気づかいがたまりません。「静かな曲をかけて」「秋に聴くジャズをかけて」などムードで指定することもできます。

知らない曲を聴きたい

SMART USEN(月額480円)は、あまり知られていませんが、とても素晴らしいおすすめのサービスです。何しろ普通に聞いたら月額何千円もする有線放送1000チャンネル以上が480円で聴けてしまうのですから。選びきれないほどのジャンルの曲が、チャンネルごとにランダムに流れてくるのですが、選曲のプロが作ったプレイリストのセンスが素晴らしく、新しい曲に出会いたい時や、BGMを流したいときなどは、このサービスを使っています。

私は定額サービスに入って、すっかりCDを買わなくなりました。買うのは、CDに何か特典が付いている時や、定額配信に入っていないインディーズのものくらい。CDがなくても、何千万曲もの音楽とつながっている定額サービスで、充分すぎるくらい満足できています。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「音楽定額配信サービス、こんな使いわけの仕方があったとは!