乃木坂46の一期生で昨年末にグループを卒業した伊藤万理華。22歳の誕生日を迎えた20日に自身初の写真集「エトランゼ」を発売した。

サプライズでバースデーケーキが登場すると「いいにおい!」と興奮しつつ「初めての写真集の発売日と誕生日が同じように、ここからがスタート。初心に帰るつもりで、頑張って楽しんでいきたい。映像の仕事が好きなので、映像に関われたらいい。一緒に一員として作っていくという気持ちで」と笑顔で22歳の抱負。

久々のイベント出演ということもあり「ここに来るまでお腹が痛くて、途中から背中も痛くなった。なぜかな?と思ったけれど、それは緊張していたからだと思う。乃木坂にいた時から結構時間が経っているから…」と告白。今後の活動については「その場に応じて伊藤万理華にやってもらったら面白そうだと言ってもらえるものがあれば、自分でもやってみたい」と芸能活動に前向きだった。

写真集は香港でロケ。自身初の水着挑戦には「意外と大丈夫でした。抵抗はなかった」とサラッとしつつ「一冊の本、一つの作品になるというのはなかなかの責任感。写っている服が悪くて買わない人も絶対にいると思うのであまり自信が…」と控えめも「でも満点です。結構死ぬ気でやったし」と強力プッシュした。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「元乃木坂46・伊藤万理華、初心に帰った初写真集で初水着「抵抗なし」