Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』が、2020年9月18日(金)より独占配信スタート。本作を手掛けるのは、日本のエンターテイメント界を代表する三谷幸喜さんと香取慎吾さんのお二人。両氏のプロジェクトに Amazonが企画から参加し、製作する日本オリジナルドラマシリーズの記念すべき第一弾となります。三谷氏の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取氏のユーモラスな演技。舞台でもない、テレビドラマ でもない、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテイメントがここに誕生!

この度、本作で脚本/監督を務めている三谷幸喜さんが、香取慎吾さんと稲垣吾郎さんの奇跡の共演秘話について語ったコメントが到着しました。

香取さんが演じる舎人真一は、この物語の主人公。何をやっても想像超えたドジばかりをふむ男っで、ひょんなことからその姿がトンネルマンとして動画配信されてしまい、図らずも世界中の人気者となってしまいます。そして稲垣さんは、トンネルマンの一ファンであり、世界的に人気な演歌歌手でもあるレッツ大納言を演じています。

この二人が物語の中でいかに絡んでゆくのかは謎に包まれていますが、稲垣さんは二人の共演を間近で見ていた三谷さんから「往年の漫才師がでてきたような、そういう安心感があった」と言われたことを話し、舞台に立つ二人が、まるで懐かしの漫才師のようであったことを明かしています。稲垣さんは続けて、「本番ギリギリまで台本を持っている感じとか昔と変わっていなくて、僕も懐かしい感じがしました」とやはり稲垣さん自身も懐かしさを感じていたことを話しながら、「コントでは香取くんと組むことが多かったんです。香取くんがインパクトの強い役で、 僕が一般人の役で彼に振り回されるような感じです」と三谷にそう思わせた理由について語っています。

三谷さんに郷愁を覚えさせた二人の共演ですが、意外にもバラエティ以外では初めてだそう。稲垣さんは、「ドラマや映画、舞台でも共演したことはなかったので嬉しかったですし、楽しかったです。役者としては一ファンとして、視聴者として彼をみてきたので、俳優としての香取慎吾はこうなのか!と不思議な感じがしました」と、香取さんの新たな一面を発見したことを話します。

舞台本番では、なんと台 本にもないアドリブを稲垣にしかけたようで、「すごい熱量のようなものを感じました。本番になると急にスイッチが入る。もう予測 がつかないんですよ(笑)」と香取さんの想像を超えた演技を語った。香取慎吾さんと稲垣吾郎さん。歌やダンス、そしてコントで我々を虜にしてきた彼らが、配信というあらたなフィールドで再び同じステージに立つ。この奇跡の共演に日本中が沸くことは間違いありません!

『誰かが、見ている』2020年9月18日(金) AmazonPrimeVideoにて独占配信

脚本/演出: 三谷幸喜
出演: 香取慎吾、佐藤二朗、山本千尋、長野里美、宮澤エマ、夏木マリ ゲスト出演:くっきー!(野性爆弾)、西田敏行、髙嶋政宏、寺島進、稲垣吾郎、山谷花純、近藤芳正、松岡茉優、橋本マナミ、八嶋智人、さとうほ なみ、小日向文世、大竹しのぶ、新川優愛、小池栄子(登場順)
制作プロダクション:株式会社 ギークサイト、株式会社ギークピクチュアズ

(C)2020 Amazon Content Services LLC

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「どこからみても往年の漫才師?!『誰かが、見ている』 香取慎吾と稲垣吾郎 奇跡の共演秘話