無印良品の店内に掲出された「無印良品のカレーラインナップ」がTwitter上で話題になっている。

このラインナップを紹介したのはTwitterユーザーの永理(@eiri_kondo)さん。無印良品でカレーのレトルトパックが販売されているのは有名だが、このラインナップによるとそのレパートリーはなんと41種類! まったく辛くないものから激辛まで7段階の辛さに分かれ、糖質をおさえたシリーズまであるという充実ぶりなのだ。

https://twitter.com/eiri_kondo/status/1304623942129254400

「もっと早く教えてくれ」

種類の多い製品は、こういった分かりやすい図表があるとより興味が掻き立てられる。このラインナップに対し、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「こ、こんなに種類があることに驚きを隠せない。え、えー!!!!!!!!すごい!こんなにあったなんて!!!しらなかった!!!!」
  
「これは凄い。このお店に通いたい。渋谷に模擬店を出してくださいな、無印良品の部長殿、取締役殿、社長様。」
  
「三種の唐辛子のカレー、凶悪な名前の割に辛さが長続きせずに辛さがスッと引くいて旨味が強く、スプーンが止まらない旨さでした。
…レッドカレーは覚悟してる人以外はオススメできません。
翌日お尻がバーナーで炙られたかのようになりました。」
  
「図表化は正義、はっきりわかんだね。
こんなのデジタルサイネージで3分に1分くらいはローテで回しておいてくださいよー感あります」
  
「無印良品ってカレー屋でしょ」

無印良品ではカレー以外にも「不揃いバウム」などのラインナップも掲示されているようだ。

https://twitter.com/eiri_kondo/status/1304728961503510528

なお永理さんは「(有)さいくろぷす」としてオンラインショップ(リンク)を出展中。個性的なデザインが施されたグッズが揃っているので、ご興味ある方はぜひチェックしているようだ。

※画像提供:永理(@eiri_kondo)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「こんなに種類があることに驚きを隠せない」「図表化は正義」 無印良品のカレーラインナップ表が便利だと話題に