現在、「コロナが収束するまで」と毎日Twitter上でお金を配っている「お金配りおじさん」こと実業家の前澤友作さん。
9月6日、

【猛省】このコロナ禍で乱高下する株式市場に目が眩み、慣れない短期売買を繰り返した結果 #株式投資で44億円の損失を出してしまったことをここに報告します。44億円もあったら、いったいどれほどの人にお金が配れ、どれほどの人を救えたのか。悔やんでも悔やみきれません。事業で絶対に取返します。

とツイートを行った。現在、概ね10万円を10人にといった感じで、1日100万円くらいのペースでお金を配っている前澤さん。その10年分以上を今回失ってしまったということであろうか。

いずれにせよ、なんともスケールの大きい損失のツイートは反響を呼ぶ。

「金額が桁違いでなんとコメントすればいいのか分かりませんが、応援しています」
「『いくら損したと思ってんの?』『44億』 前澤さんしか出来ないギャグだと思います」
「前澤さんが損したということは誰かが得したということ。その人が今回の当選者」
「先に次の赤字を見込んでお金ください!」

などなど、さまざまな返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「前澤友作さん「このコロナ禍で乱高下する株式市場に目が眩み」「事業で絶対に取返します」 株式投資で44億円の損失を出したとTwitterで報告