親御さんであれば子どもが発した一言にドキっとさせられた経験は誰しもあるかと思います。空気を読むとか忖度するといった社会的能力がまだ不十分な年ごろの子どもの一言だと、なおさらドキっとさせられたりもするでしょう。

「ママ、パパの車の中になんでブラジャーがあるの?」と、4才の娘さんに言われてドキっとしてしまったお父さんのエピソードをご紹介します。

https://twitter.com/AngryManTV/status/1011986911718715392
4才の娘さんがブラジャーと勘違いしたものがこちら。正体は医療従事者用のN95というマスクです。彼女の中では「カップに紐がついたもの=ブラジャー」ということだったようです。

娘さんの何気ない一言で心臓が止まりかけたお父さんに対しては多くの声が寄せられました。

・家族であっても子どもが味方してくれるとは限らないってこと
・子どもの告げ口には要注意
・思い当たることがあったとか?
・あやうく大惨事になるとこだったね
・娘は息子より怖いぞ
・あと10年もすればかなり手ごわい存在になりそう
・相当ビビったろ?
・人生の終わりにならなくてなによりです
・今日は最高の1日になりそうだ
・何度も思い出し笑いできそうなネタをありがとう

【関連記事】9才の息子との怖すぎる会話がきっかけで家を売りに出しました 「子どもには大人が見えないものが見えるんだよ」
https://getnews.jp/archives/2437088[リンク]

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/AngryManTV/status/1011986911718715392

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「ママ、パパの車の中になんでブラジャーがあるの?」 4才の娘の何気ない一言で心臓が止まりかけたお父さん