北海道で初めてのふれあい体験型動物園「ノースサファリサッポロ」が、園存続の為のクラウドファンディングを実施中。スタッフの皆さんの工夫が光る、面白い“リターン”に注目です。

ノースサファリサッポロが行なっているクラウドファンディング「コロナの影響で存続の危機!動物達を守りたい!」は、新型コロナウイルスの影響により、休園を余儀なくされている園で暮らす動物達の飼育費、医療費などを集めるもの。

ノースサファリサッポロは北海道で初めての、ふれあい体験型動物園です。
開園以来15年、動物とのふれあいを通して癒される体験型テーマパークとして、多くのお客様に愛されてきました。札幌市民をはじめ、全道、全国、海外からもたくさんのお客様にいらしていただき、順調に園の運営を行ってまいりましたが、今般の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言により、施設運営の要となるGWも臨時休園となってしまいました。
この状況が続きますと、園の存続も危ぶまれる状況になります。
多くの方々に愛されてきたノースサファリサッポロを何とかして守りたい。動物たちを守りたい。
皆さまに動物たちの飼育費、医療費など運営費をご支援いただければ、動物たちを守ることができます。
このプロジェクトを成功させるため、どうか皆様のお力添え、ご支援を賜りたく存じます。(クラウドファンディングより引用)

CAMPFIRE内ページでは、ノースサファリサッポロの歴史や動物達のプロフィールが写真たっぷりに紹介されています。

そして、注目すべきはリターンの内容! リターンとは、クラウドファンディングで支援した方に御礼として送られるものですが、「年間パスポート」や「1日園長」など豪華なものはもちろん、「ライオンの毛入りのお守り」「動物が描いたお礼状」など、スタッフさんの工夫とアイデアが光る楽しいものばかりです。

筆者が個人的に気になっているのが、「ビーバーが齧った木で作ったコースター」と、

「自然に抜けたオウムの羽で作ったピアス」。どちらも動物好きとしてはたまらないアイテムですし、オウムの羽は選べないという事で、何色が来るんだろうとワクワクして待つ楽しさがありますよね。

また、あなたの代わりに、あなたのお好きな動物にエサをあげ、あなただけに生配信するという「エサやり生配信」なんていうリターンも。「アイドルのネットサイン会みたい!」とアイドル好きとして思わず反応してしまいました。

その他にも個性的なリターンがたくさんありますので、ノースサファリサッポロを応援したい方、動物を支援したい方はチェックしてみてはいかがでしょうか。筆者もどのリターンを選択するか真剣に考えたいと思います!(とはいえ、数に限りがあるのでお早めに)

【ノースサファリサッポロ】コロナの影響で存続の危機!動物達を守りたい!
https://camp-fire.jp/projects/view/276211

※画像はCAMPFIREより引用。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「ビーバーが齧った木のコースターにオウムの羽ピアス! 動物好きはたまらない「ノースサファリサッポロ」のクラウドファンディング