会社や外ではキリッとしているイケメンでも、実は身内にしか見せない違った一面があるのかもしれません。

『水女神は今日も恋をするか?』(少年サンデーコミックス)の作者の三簾真也さん(@igoshowgi)が、『先輩がこんな人だったなんて知りませんでした』と題したマンガをTwitterに発表。クールなイケメンな先輩と付き合うことになったたまちゃんの同棲生活が描かれています。

クールで無口。みんなの憧れの先輩と付き合うことになったたまちゃん。「こんな人と付き合えるなんて夢みたい…!これからたくさん尽くしちゃうよ」と思っているのですが、3年後には……。

「ぼーーーん、お腹すいたおたまちゃん」とクネクネと(?)おねだりする先輩。さらに「ご飯が食べたい食べたい食べたいからの膝枕」とゴロゴロとまわって甘えてきます。「まったく仕方のない子ちゃんね!今からすごいの作っちゃう!」というたまちゃんに「やったーーー」と喜びますが、実は既に先輩がスゴイ料理を用意済だったのです!

「うふふ、3年前は思いもしなかったな…先輩と付き合えてしかも素がこんな面白い人だったなんて」というたまちゃんにに……。

「素はこっちだがな」とクールなイケメンに戻る(?)先輩。「たまちゃんがあまりに色んなことを許してくれるからいつの間にか変なことをしてしまうようになったんだ」と告白。「時々我に返ると恥ずかしくなる…でももうやめられない!」といい、「…引いた?」と聞きますが、たまちゃんは全力で首を横に振ります。

「クールな先輩も好きだけど、こっちの方がもっと好き!!」とぎゅっとするたまちゃんに「うれぴーーー」と叫ぶ先輩。ここで指輪を取り出し、「責任を取って結婚してくれ」とプロポーズ!! めでたく結婚することになりました。なんというか……もう末永く爆発してください。

「自分がお付き合いしていた方と過ごすうちに、昔なかった癖がついていることに気づいたこと」がこのマンガを描いたきっかけだったという三簾さん。「LINEの文章をわざとキモく返してみたり、変顔をするようになったり、全て笑って返してくれていたので嬉しくてやめられなくて……以前の自分はもう少し真面目だったよな、と」と自身に投影したキャラの性格だったといいます。

「色々ぶっ飛んでる」「ギャップがすごい」という反応のほか、「勢いありすぎ」「スピード感が最高」といった声には、「予想以上に伸びて驚いています。それと引用RTやリプライで“私も!”“オレも!”と共感してくださる方がたくさんいて、とても嬉しいです」とコメントしてくれました。

「ほぼ毎週Twitterに漫画をあげているので良ければフォローして頂けると嬉しいです」という三簾さん。さまざまなスタイルやストーリーのマンガを発表しているので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/igoshowgi/status/1261491916471848961 [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「本当の「素」は一体どっち!? 憧れの先輩と付き合うことになったマンガのギャップとスピード感がスゴすぎた