海外では一般的でも日本ではあまり普及しておらず、日本語の名称すらないものも多々あったりします。

欧米で浮き輪などの代わりに使われる“pool noodle”などもいい例でしょう。

https://twitter.com/QuickTake/status/1261468325642526720
5月15日から飲食店の営業が再開されたドイツのシュヴェリーンにあるKonditorei und Cafe Rotheというカフェは、新型コロナウイルス感染予防対策として、この“pool noodle”を使って社会的距離を確保しようとしています。

来店した客が“pool noodle”が取り付けられた帽子を被ることによって、客同士の社会的距離が必然的に1.5メートル離れるようになっています。

https://twitter.com/CNN/status/1261383610675781632
遠目で見ると結構恥ずかしい感じもしますが、これもまた私たちが順応していかなくてはいけない「新しい生活様式」ということなのでしょう。

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/CNN/status/1261383610675781632

※ソース:
https://edition.cnn.com/2020/05/15/europe/german-cafe-noodle-distancing-scli-intl-grm/index.html

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「社会的距離の確保にいいアイデアだけどちょっと恥ずかしいですね