5月13日、SpaceXは宇宙船Crew Dragonを国際宇宙ステーションにドッキングさせる疑似体験ができるシミュレーター「ISS Docking Simulator」を公開しました。

Simulator of Crew Dragon
https://iss-sim.spacex.com/[リンク]

Crew Dragonと国際宇宙ステーションのドッキングは通常全自動でコンピューターが行います。今回公開された「ISS Docking Simulator」では、非常時に宇宙飛行士が手動操作するケースを再現したものとなっています。インターフェイスなども実際に宇宙飛行士が操作するものです。

画面左側の操作ボタンでCrew Dragonの上下左右の移動とスピードを調整し、右側の操作ボタンでCrew Dragonの前後・左右・上下の回転調整をしながら、緑色のダイヤマークで示されているドッキングポイントにCrew Dragonを誘導していきます。

Crew Dragonを国際宇宙ステーションに無事ドッキングさせるには、緑色で表示された数字をすべて0.2以下にし、同時にスピードを秒速-0.2メートル以下にしなくてはなりません。

実際にやってみましたが、思うように操作するのが難しいので、それ相応に難易度が高いシミュレーターだと言えるでしょう。

※画像:
https://twitter.com/SpaceX/status/1260269423090208768
https://iss-sim.spacex.com/

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「Crew Dragonを国際宇宙ステーションにドッキングせよ SpaceXがシミュレーターを公開