世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。

クリエイター向けのSNS『Behance』では、「(新型コロナウイルスの影響を受け)困難なご時世の中、ロゴはこうあるべきという一つのアイデア」と題して改変された知名度の高いロゴが公開されています。

投稿主は、スロベニアのクリエイティブ・ディレクター、Jure Tovrljanさん。

マスクを装着しているのは、スタバのロゴに描かれたセイレーン。

スポーツしている場合ではないですね。

つながるという意味の「LinkedIn」も、閉じ込められるという意味の「LockedIn」になっています。

グッドイヤー(GOODYEAR)は、文字通りバッドイヤー(BADYEAR)に。異論などあるはずがありません。

コロナ・エキストラのラベルは、”新しい名前が必要(Need New Name)”に書き換えられています。

以下のリンクから他のロゴも閲覧可能です。

Coronavirus Logos
https://www.behance.net/gallery/93755381/Coronavirus-Logos[リンク]

※画像:
https://www.behance.net/gallery/93755381/Coronavirus-Logos

※ソース:
https://adage.com/creativity/work/jure-tovrljan-coronavirus-logos/2245061

(執筆者: 6PAC)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「オリンピックにスタバなどが…… 新型コロナウイルスで著名なロゴはこうなります