脚本/監督・三谷幸喜氏&主演・香取慎吾氏のタッグ再び! Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』が2020年秋に公開となります。

2004年の大河ドラマ『新選組!』をはじめとして、2018 年に上演された舞台『日本の歴史』 など大きな反響を得た魅力的な作品を創り出してきた両氏のタッグが今回お送りするのは “シットコム”。 “シットコム”とはシチュエーションコメディの略で、海外で親しまれているドラマ ジャンルであり、同じ舞台と主要キャストで繰り広げるコメディドラマの形式です。三谷幸喜さんならではの洒落た会話や、思いがけない仕掛けの数々が展開され、香取慎吾さんがその高い要求に応えていくとのことで、期待が高まります。

【三谷幸喜さんコメント】
17年前にやはりシットコムの『HR』をやって、またいつか香取さんとこのジャンルに挑戦したい、と思っていました。『日本の歴史』を終えた時、(香取さんに)『次は何をやるんでしたっけ?』と聞かれ『シットコムです!』と答えた。その時の香取さんの嬉しそうな顔が印象的 でした。シットコムは俳優としての柔軟性も含め香取さんにぴったりだなと思います。今まで 僕の作品では“周りに振り回される香取慎吾”が多かったですが、今回は香取さんの方が みんなを振り回していくパターン。それもわくわくしています。

【香取慎吾さんコメント】
三谷さんとまたお仕事ができて本当に楽しかったです。難しいことへの挑戦でもありました が、いつも現場は笑いに包まれていました。『どこから見ても、どこを見ても面白い、それが シットコムだ』と三谷さんが教えてくださったとおりの作品になっていると思います。
Amazon Prime Video で配信されるので、誰もが観たい時に観られるのはもちろんのこと、 ぜひ皆さんに繰り返し何度でも見ていただき、笑顔になっていただけたら僕もうれしいです。

数々の作品で日本に“笑い”を提供し続けてきた三谷幸喜さんと、バラエティやドラマ、そして 舞台で様々な個性的で強烈なキャラクターを演じてきた香取慎吾さん。日本が誇る2人がAmazonと組んで仕掛ける新たな挑戦にご注目を。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「三谷幸喜氏&香取慎吾のタッグ再び!「17年前の『HR』と同じ“シットコム”です」Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』