3月20日に完結した、きくちゆうき先生の「100日後に死ぬワニ」。「100日目」のツイートは23日の時点で実に220万を超える「いいね」を集めるなど桁外れの反響を巻き起こした。しかし、作品の余韻に浸る暇もなく、完結した途端に「いきものがかり」とコラボしたコラボムービーが公開され、映画化決定などの報も。


また、次々とグッズ販売などが告知されるなど「流石にやりすぎなのでは」といった声もあがるなどして物議を醸している模様だ。
4月からは「100日後に死ぬワニカフェ」が東京と大阪で開催決定とのこと。

公式の告知ツイートには、

「行くわ」
「ワニくんが生き返ったみたいで嬉しい」
「なんかワニとまた会えた気がして嬉しいなぁ。だって現実はワニ死んでるんだぜ」

といったような返信もあれば、

「もうワニくんをゆっくり眠らせてあげようよ」
「死んだ友人を想って描いた漫画なんですよね?集金お祭り騒ぎじゃないですか…」
「怒涛の墓場商法」
「100日後に死ぬカフェ」
といったような返信もあり、賛否がわかれているようである。

100日後に死ぬワニカフェ
https://100wani-cafe.jp/[リンク]

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「もうワニくんをゆっくり眠らせてあげようよ」等の声も……「100日後に死ぬワニカフェ」が4月に開催決定で賛否