もともと4月17日(金)に公開を予定していた今春最注目のディズニー映画『ムーラン』は、新型コロナウイルスの感染状況と予防対策のため、公開が延期になったことは既報のとおりですが、その新たに再設定した公開日=5月22日(金)は、別のディズニー映画『スパイ in デンジャー』の公開日でもあり、ディズニー映画同士で渋滞みたいな状況になりました。

■映画|ディズニー公式 – Disney:https://www.disney.co.jp/movie.html

『スパイ in デンジャー』は、あの『メン・イン・ブラック』『アラジン』などのウィル・スミスが主演、「スパイダーマン」シリーズのトム・ホランド共演の、世界一クールなスパイが危険で超インポッシブルなミッションに身を投じていくというスパイ・アクションのアニメーション。『スパイ in デンジャー』の邦題で、5月22日(金)公開決定したばかり。

■関連記事:トム・ホランド&ウィル・スミス共演作『スパイ in デンジャー』の邦題で5月22日(金)日本公開決定!【トムホの魅力広め隊っ!】 [リンク]

ただ、これは余談ですが、<トム・ホランドの最新作>という表現の仕方の意味では、ディズニー/ピクサー最新作『2分の1の魔法』の公開が延期になっており、公開日も未定であるため、どっちが日本での最新か現時点では微妙な感じになっています。トムホは声優として参加しています。

■関連記事:ディズニー映画『2分の1の魔法』『ムーラン』が公開延期、新型コロナウイルス感染対策 [リンク]

ただ、それを言い始めると、ディズニー/ピクサー新作の『ソウルフル・ワールド』という「SOUL」の邦題が解禁され、こちらのほうがおそらく夏公開ということで後に。つまりディズニー/ピクサー最新作にあたるので、『2分の1の魔法』の公開日が決まった際には、『2分の1の魔法』が<先に観られるという意味で>ディズニー/ピクサー最新作、になるのでしょうか。この作品はもともとの3月13日の公開に照準を合わせてゴリゴリ宣伝をしていたため、本当に不運としか言いようがないと言いますか。

ただ、『ムーラン』に話を戻しますと、全米での公開が延期になっており、日本市場も影響を受ける可能性があります。1日も早い終息、現状回復を願うばかりです。本当に。

▼「ムーラン」日本版主題歌「リフレクション」 by 城南海さん(60秒)

▼ディズニー史上最強ヒロインが美しく舞う!
日本版最新予告編

【STORY】
愛する父の身代わりとなり、男性と偽って兵士となったムーランは、家の守り神である“不死鳥”に見守られながら、厳しい訓練と努力を重ね、驚くべき戦闘能力を開花させていく。闘いの日々の果てに、彼女を待ち受ける運命とは?そして、“本当の自分”と“偽りの自分”の間で葛藤する彼女が最後に下す決断とは…?

▼日本版予告編

■全米公開:2020年3月27日 → 公開延期
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
■監督:ニキ・カーロ(『クジラの島の少女』ほか)
■キャスト:リウ・イーフェイ/コン・リー/ジェット・リー/ドニー・イェン
■オリジナル・サウンドトラック:ウォルト・ディズニー・レコード/ジュニアノベル:小学館  
■コピーライト表記:(C) 2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
4月17日(金)全国公開 → 5月22日(金)全国公開

(執筆者: ときたたかし)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「『ムーラン』日本公開が5月22日に延期になったことでトム・ホランドの<ディズニー最新作>と同日公開に【ムーランに会いたくて】