11月27日夜、大手牛丼チェーンの松屋の『Twitter』公式アカウントが

【大切ならお知らせ 大事件】
夜分ですが皆様には早めに伝えたくて。
松屋から『オリジナルカレー』が消え⁉️来週日曜日から松屋の『オリジナルカレー』順次全店終売となります
#松屋カレーショック
#なくなる前に食べておく
#食べればわかるさ
#松屋のオリジナルカレー

とツイートを行った。ファンも多かった松屋のカレー、『Twitter』では「ショックだ」といった書き込みが散見された。
波紋が広がる中、今度は翌日28日の10時に

12月3日(火)10時~
松屋『創業ビーフカレー』ついに定番化‼️
牛バラ肉をとろっとろに煮込んだ創業ビーフカレーは松屋本気カレーです!!
#食べればわかるさ
#創業ビーフカレー
#松屋カレーショック
※創業ビーフカレー販売に伴い『現オリジナルカレー』は12/1より順次販売終了とさせて頂きます。

とツイート。安堵の声、喜びの声などが寄せられていたが、一方で

「この宣伝方法はいかがかと…」
「昨日の煽りツイートからの発表、心底がっかりしました。ファンを欺いて不安にさせて宣伝するとは」
「これさー、ちょっとあざといんじゃないの。パブリシティとしては話題になったから成功だろうけど、印象わるいよ」
「期間限定の創業カレー食べたけど、値段も高いのに不味い。オリジナルカレーの選択肢を奪い、単に値上げして利益を得たいだけにしか思えない。それでいてこの煽り方…非常に残念」
「熱心なファンを騙すようなプロモーションするのが松屋の流儀なの?って思いましたよ。無理して食べに行った人もいるだろうに」

と、批判的な声も少なからず寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「松屋の「オリジナルカレー」終売で「創業ビーフカレー」定番化 煽るような終売ツイートには賛否の声