日産自動車は、11月26日(火)より初のSF小説「答え合わせは、未来で。」(日産未来文庫)をKindleで発売しました。自動車メーカーが一体なぜ?

本作は2017年に『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞を受賞した小川哲氏、多くのユーザーがSNSでオリジナルの物語を投稿し話題となった『54字の物語』の発案者である氏田雄介氏など、7名の人気作家が描く全19話のショートストーリー集

Kindleストアにて1話88円(税抜き)でダウンロードができ、特設サイトでは7作品の試し読みが可能となっています。

フィクションで描かれた未来を舞台に、完全自動運転が実現した世界の人気住宅街、車載AIとの会話、信号のない道路などにまつわるユニークなストーリーが展開される本作。

世界初の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型スカイラインを発表するなど、最先端の技術開発を進める日産ならではの「自動運転社会の未来」がテーマとなっています。

テレビ電話、自動ドア、噓発見器、音声翻訳アプリ、月探査ロケット……、過去にSF作家たちが予言してきた未来のテクノロジーは数知れませんが、今回公開された作品はいずれも「近い将来ノンフィクションの世界になるかも!」とワクワクさせてくれるストーリーばかり。「こんな未来を作りたい」と発破をかけられる技術者も少なくないかも?

SF小説「答え合わせは、未来で。」は、2020年1月30日(木)までKindleにて販売。

「#日産未来文庫」特設サイト:
https://www.nissan.co.jp/SP/MIRAIBUNKO/

「答え合わせは、未来で。」(日産未来文庫)Kindleストア:
https://www.amazon.co.jp/dp/B081SG7DNP[リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「日産自動車がSF小説を出版だって!? →読んでみたら納得した