Adobeは11月4日に開催したイベント「Adobe MAX 2019」で、iPad版の「Photoshop」を発表。同日から提供を開始しました。アドビ システムズがプレス向けに開催した説明会で体験してきたので、その機能の一部をご紹介します。

iPad版Photoshopは、Photoshopの機能をベースに、Apple Pencilや画面を持ちながらの操作に最適化した画像編集アプリ。

画面の左下に「タッチショートカット」と呼ばれる円形のインタフェースが表示され、円をタップしたりドラッグすることで「縦横比を固定して選択」「現在の選択範囲から一部削除」などツールごとに設定した操作を実行したり、移動や拡大・縮小が可能。Apple Pencilや指で画面を操作しながら、iPadを持つ左手の親指によるタッチショートカットの操作を組み合わせて、効率よく作業ができます。Bluetoothキーボードに接続すると、パソコン同様にキーボードショートカットも利用可能。

2本指タップで取り消し、3本指タップでやり直しなど、タブレット操作ならではのジェスチャー操作にも対応します。

「学ぶ」というメニューには充実したチュートリアルが用意されているので、パソコン版で慣れた人もPhotoshopに触ったことがない人も操作が覚えやすそうです。

取材では、まずレイヤーマスクの配置に挑戦。海中の写真に、別の場所で撮影されたウミガメの写真を別レイヤーで表示します。

クイック選択ツールでウミガメを選択してマスクを切り、レイヤーマスクの配置が完了。

iPadのカメラで撮影したジンベエザメの人形も写真としてレイヤーに取り込み、簡単に合成することができました。

作業状態はオンラインの場合、リアルタイムに保存され、ホーム画面に戻る時点でクラウドに保存されるとのこと。クラウドに保存したデータは、パソコン版Photoshopで作業を引き継いだり、その逆のワークフローも可能。

iPad版Photoshopは、月額980円(税別)のフォトプラン、月額2480円(税別)のPhotoshop単体プランのユーザー、Photoshopを含むCreative Cloudメンバーは無料で利用可能。対応機種はiOS 13.1以降のiPadです。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「アドビがiPad版Photoshopをリリース レイヤーマスクの操作や写真の合成を体験