田中みな実がトークバラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系/9月27日放送)に出演し、あざといテクニックを見せつけるも、その複雑な胸の内を吐露した。

山里亮太(南海キャンディーズ)、田中みな実、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)という3人が“あざとい女”について徹底トークする同番組。“あざといと思った・思われた男女の言動”を視聴者に事前アンケートをとり、その再現VTRを見て「あざといポイント」を徹底分析した。

番組後半では、田中みな実が私生活で実践している“あざとテクニック”を、山里亮太を相手に合コンという設定で実演。さり気ないボディタッチや、上目遣い、小声、合間に挟まれる「うふふ」という笑いなど、「すげぇな、開始10秒でフルコースよ」と山里が驚愕する中、「こんなのまだまだレベル1~2くらい」と田中。そこから、本気で落としたい相手がいるときの高等“あざテク”も披露した。

山里は「やっぱ田中みな実すげえな~!」と感嘆の声をあげ、弘中アナも「学ぶことが多かった」と関心。しかし、田中は「でもさ、違うの」と声のトーンを落として話し始め、「これずっとやってるじゃん。見て!今、私!! 何も実ってないの!」と悲痛な現状を訴えた。

そして、好きな人と幸せになることが出来ていない現状に「モテたってしょうがないってことがわかってくるんですよ」と言う田中。山里が「本当に好きな人だったらこれだけのテクニックを使っても落とせない?じゃあ『あざとい』は最高の幸せを掴む武器にはならないんだ?」と尋ねると、田中は深く頷きながら「ならないです。『あざとい』は付け焼き刃」とキッパリと言い放った。

この言葉に、「名言」「さすがの例え」「田中みな実が言うと重みが違うなぁ」「説得力があり過ぎた」「さすがあざとさベテランは言うこと違う」など視聴者からの反応があった。

あざとくて何が悪いの?
山里亮太×田中みな実×弘中綾香 あざとい女を語り尽くすテレビ朝日 
9月27日(金)放送分 10月11日(金) 23:59 配信終了
https://tver.jp/episode/63152537[リンク]

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「田中みな実「“あざとい”は付け焼き刃」の自虐発言に「さすがの例え」「重みが違う」と視聴者から名言認定