10月7日、漫画家のくらもとえいる(@kimamakobo_z)さんが、Twitter上にアップされている漫画に対しての「いいね」と「リツイート」について持論を展開。大きな反響を呼んでいます。

この日、「Twitterの民に言いたい」と話を切り出したくらもとさん。Twitter上で良い漫画を読んだ後に取るべき行動として、

リツイートしてくれ!
イイネではない
リツイート RTを!

と強く呼びかけました。

くらもとさんはこの主張をするに至った理由として、「今面白い漫画流れてきたけどRT2万でイイネ10万だった」とつづっており、「いやいやいや無料で読んで良かったならRTしようぜ」と重ねて呼びかけています。

ツイートを読んだ人からは、

・それ 漫画に限らないが、何でみんなもっとRTしないのか謎
私はいいねよりRTすることの方が圧倒的に多いので

・そうなんですよね。お金の話をすると、広告費換算で、「RT=フォロワー数×0.1〜1円相当の宣伝協力」になるという( ´∀`)

・わかりみが深い〜〜

などと共感の声が寄せられましたが、その一方で、

・本当に「みんなも見て!!マジで見て!!」思うほど良かったならRTすると思いますよ。

・RTするほど面白くはなかったけど無料で読ませてもらったからイイネしたって考えた方が自然な気がします

・RTは自分の回りのフォロワー全員にある意味強制的に広めるものだからよほど強い思いがないと押さないのでは

といった冷静な意見も。

さらに、

・コミケで敵を増やさないために独占したいので難しい提案ですね

・RTは見ない設定にしててもいいねされるとtl(※タイムライン)に流れる仕様

といった声や、「過去に無許可でRTして作者に怒られた」という経験談も寄せられていました。

ネット上ではたびたび話題に上る「いいね」or「リツイート」問題。漫画に限らず他の創作物ツイートにも当てはまりそうですが、みなさんはどう思いますか?

※くらもとえいる(@kimamakobo_z)さんのTwitterより引用
https://twitter.com/kimamakobo_z

(執筆者: しゃむ)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「いい漫画には「いいね」じゃなくて「RT」するべき!? 漫画家の主張がTwitterで話題